「Art's Report site/ZAKKAYA PARIS

戸田昭子「雑歌屋パリ」

vol.20

「雑歌屋:素人のホール一考」

スポンサーといえば・・・と会場デザインについて、またまた書き飛ばします。

スポンサーといえば、スポーツ関係。フランスはスポーツ好き。音楽の授業は一時間しかない学校でも、スポーツは2時間あります(涙)。勉強に供えて体を鍛えなさい、ということらしいのですが・・・・
スポンサーがどのようにしてなりたつのか?素人の私には想像するしかないのですが、やはり、メリットがあれば援助する、ということでしょうね。以前に書いたことと重複するような気がしますが、音楽を援助していた会社が、ある年からはスポーツに乗り換え音楽の方を切り捨てた、と聞くと、ちょっと気持ちがふさぎます。スポーツはまとめてお金が入るけれど、音楽は、まとめてお金が出ていく(???)

そういう意味では、国がオペラを援助するのは悪いことではない。でも、ルイ14世のあと、何がフランスに起きたかと考えると、ちょっと、考えこんじゃったりして。ちなみに、アントワネットの時代には、フランスの作曲家というのがいまいちぱっとしない。モーツアルト始め、外国人アーチストはたくさんきているようなのですが。アマデウスのおとっちゃんによると、「フランスの声楽はなってない」らしい。

あんまりかわってないのか?

冠コンサートは日本で批判されているといううわさも聞きました。なぜ?どなたか詳細をお聞かせ下さい。フランスは、スポンサーがあっても、黙って金を出し、小さなロゴ程度には出ますが、スポーツのように派手に宣伝はしていないような気がします・・・・・・

さて、全然お門違いの話をもうひとつ。

某新しめの会場に出かけたときの話です。ここの300人ほどは入れるホールは、地下にありました。日本ではよくありそうですけど、パリで地下にホールがあるのは珍しいと思います。(必要ないから?)待ちながらトイレに行きまして、ああ、使いにくいな、と思いました。子供がドアに手を挟むんじゃないか、とか、このドアはぶつかるんじゃないか、とか、とっ手が扱いにくいとか。
リウマチ患者として、「障害者が使いやすいかどうか」はさりげなくいつも気になっています。障害者トイレにはカギがかかっている、というのも、なんとかしてほしいものです。二度手間です。

さて、そのホール。立派なエレベーターにたどりつく前に・・・・どこから行ったらいいのか、よくわかりません。(帰りには、そのエレベーターにたどりつくドアがしまっていて、開けるのにも苦労しました。)

やっとホールの階にたどり着きます。ホールの入口はひとつしかなく、その反対側には、出入口がありません。客席はせりあがっています。一番低いところから入り、あらためて段を上ります。そこは、手すりが付いています。2階、3階をくるりととりまく座席が少し設置されており、それは、下からではなく、その上の階から直接はいります。

何が問題かというと、
一番下から入った場合には、
非常口がないに等しいのです。

ホールの一番上にいたら、なにかあったとき、まず座席の下までおりなくてはなりません。そこから左側には合計3つの扉がありますが、まず下まで降りないとたどりつけません。

今まで、伝統的な建物は窮屈な感じがして「火事でもおきたらどうするんだ」といっていましたが、こういう会場は一階につき、扉はいくつもあります。10か所くらいはあるかも知れませんし、ひとへやに4人ばかり入るボックス席は、もちろん区切られていますから、その分扉があります。席は狭いですが、いざというときは、割合にげやすいのかもしれません。

そう思うと、近代的な建物なのにあれで建設許可がおりたのか・・・と、疑問。消防法クリアしてるのかな?

名古屋には七ツ寺共同スタジオ、なんて、入口一つの倉庫改造型の建物もありますが、あれは昔からあのまんまです。
現代の建築で、素人目に見て非常口が使いにくいのは、(使わないに越したことはないのですが)どうでしょう。
そういえば、地元にも、地下会場、あったなあ・・・・出口は後方2箇所のみでした。

音楽やる人間が、なぜここまで気にするんだろう〜、と気になるワタシ。


戸田昭子

雑歌屋

http://zakkayamusique.hp.infoseek.co.jp/