Art's Report site/ZAKKAYA PARIS

戸田昭子「雑歌屋パリ」

vol.8
「ガルーの発言」

5月にはいりました。
「そういえば、日本はゴールデンウイークだ」、
と気付いたときには、終わっていたようです。
こちらはメーデーに続いて5月8日も祝日。
ゴールデンウイークではなく、でかいウイークエンドがくりかえされます。
そのため、月曜日の授業は、2回続けてなし、
という信じられない状況です。
でもフランス風にいくとして、のんびりしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ番組で、ガルーというカナダ人の歌手を見ました。
彼は、ただしくは、フランス語圏、ケベックの歌手です。
フランスでは、セリーヌ・ディオンを始めとしたケベック出身の歌手もかなり多く親しまれています。
逆に、お笑いの世界では、ケベックにフランスのお笑いの人々が集り、一日中笑える公演をしています。
(これをテレビ番組にしており、公演そのものがパリでないのが、かなり、情けない所です。)
また、想像ですが、カナダはアメリカのお隣ですし、文化的にはアメリカに近いものがある印象ですから
ミュージカルもさかんでしょうし、エンターテイメント性は、ほとんどアメリカと同等な気がします。
ミュージカル「シカゴ」のフランス語公演は、まずケベックでした。
でも、フランス語を当てはめたのは、フランス人でした。???

さて、司会者
「カナダは、フランスから訪れる歌手も多いですね、オープンですね」
に対し、ガルーの答えは

「手ごろで、借りられる劇場がたくさんありますからね」

司会者は、何も答えず、番組をすすめました。

しかし、「手ごろで、借りられる劇場」には、大切な意味が隠されていると思います。

disponibleと言うフランス語があります。
今、手が空いてる?というときには、「きみ、ディスポニーブルですか?」
という感じ.。
物が対象であれば、〈使っていいですか?〉といったところです。
ガルーはこの言葉を使いました。
”theatre disponible”

私にはなんとなく、これがパリとの比較だったような気がするのです。
会場が借りやすいか、借りにくいか?
また制作側が、たとえば新人にゴーサインを出すか、
怖がって何もしないか、などなど・・・
それは、人々が劇場に行きやすいかどうかに影響すると思います。
値段、開いている日、また劇場が、だれにでも貸し出すとは限らないのかもしれない。
でかい会場に「借りられます?」と質問したこともありませんので、
全ては想像でありますが・・・

主な大劇場は、年間のプログラムというのをくんでいて、
毎年シーズン前に「今年度の公演予定」を早くから出します。
そこに、各劇場の特色が出ます。
「あれ、この劇場は、前はクラシックだけだったのに、
ジェーン・バーキンの公演があるのか」
なんて思ったことがあるシャンゼリゼ劇場。
ついつい、赤字なのかな、なんて思ったりして、かなり余計なお世話。

シャンソンの人には憧れのオランピア(オリンピア)劇場。
メジャーな人の公演はもちろんあります。
しかし、誰、この歌手?ということもあります。
テレビには出てこないし、CDも特に今売れるわけではないが、
昔にデビューして、往年のファンで、会場が簡単に埋まってしまう、
そういう隠れたスターも、なかなか多いみたいなのです。

隠れ会場の教会。音楽にはよく使われます。
しかし、貸し料金は馬鹿になりません。
浮浪者も、もう簡単に泊めてもらえないし、
音楽のために使わせて欲しいと思っても、有料なのですね・・・
なんだか、閉ざされたドア、というイメージです。
無料公演であっても、オルガン使用料などは、必要。
多少は入るものがあったほうが助かるので、
こういう公演では「ご自由にお払い下さい」と、かごをもって、回るのです。
有名な音楽家のコンサートもありますが、
入場料は一般的でも、プログラムが20フランくらいして、高いな、と思ったことがあります。
だって、A4の紙一枚ですから・・・

余談ですが、この番組の司会者は、大御所です。
政治家もこの番組に出演し
「いや、ぼくも、ふつうに皆さんと同じ音楽きいたりしているんですよ、
わっはっは」などと、喋っています。
政治家と音楽が結びつく・・・政治家とタレントとの結びつきは結構あるので、
ああ、この人もか・・・などと、がっかりすることもあります。
他にもいろいろ理由があり、フランスでは、政治と文化があまりにも癒着して、身動きがとれない気もします。

さて、パリの、disponibleで使いやすい劇場、いつか調べてみるのもおもしろそうですが、
一体どれだけ時間がかかることやら。

カーネギーホールを借り切ったお金持ちのご夫人の話、ご存知ですか?
彼女の歌の録音が残っていて、聞きやすいとは言いがたいものだったそうですが・・・
お金があれば、高いホールも借りられるアメリカ。
それが良いのか悪いのか?

日本はどうなのでしょうか?