Arts Calendar/column

アーツカレンダー<コラム>のページ


2003年10月

補助犬

補助犬法が施行されました。盲導犬や聴導犬など使用者と一緒にどこにでも行くのは
当たり前と思っていても、実際にはなかなか難しいようです。電車の中に犬がいる場
面は、動物好きであっても結構びっくりします。
電車の中で爆睡中の私の隣に、盲導犬を連れた人が座ったことがありました。電車内
で盲導犬は使用者の足元にじっと座る。と訓練された通りに、その人の足元に伏せの
姿勢を取りました。大きなラブラドールの「伏せ」は1メートルほどの長さになった
でしょうか。夏でした。生足にサンダルを履いていた私の足のうえに、そのラブラド
ールの背中が乗ったのです。ビビリました。ぐっすり眠っている足に温かい毛皮の感
触。びっくりして目を開けると足のうえにラブラドール。犬好きで毛皮慣れ(?)し
ているから、奇声を発するようなこともなく、触りたい・撫でたい葛藤と戦うことに
すぐに意識が向いたのですが、犬が苦手な人だったら相当な恐怖だろうと思います。
(たとえば「介助カエル」に乗られたら、私は絶対に大騒ぎして車内を走り回るでし
ょう)
犬嫌いの人が騒いだとしても補助犬は何事もないようにじっと耐えるのだそうです。
自分の命が危険だとしても、人に危害を加えないというのはドラマや本などで取りあ
げられています。噛み付いたりしないとわかっていても、どうしても苦手だったら
(アレルギーということもあるし)、黙ってそっと場所をかえるというふうに対応で
きたら、と思います。犬だって、その目線で人込みを歩くのはそうとう恐いことだと
思います。
両足のうえに大型犬に乗っかられた状態は(嬉しかったのですが)、立ち上がりたく
ても難しそうで、しかも犬を踏まずに乗り越えられるか、でドキドキでした。私が降
りる駅よりも手前で、その人が下車されたので、「ラブちゃん踏まずにすんでよかっ
た」とホッとしたのでした。

                              03.10.06 WADA

インターネット・ショッピング

この頃、インターネットでCDを買うのにハマってます。「今さら」という感もあります
が、使ってみるとやはり便利。リリースされたばかりのメジャーなCDなら、お店に山積
みになっていますが、ちょっと月日が経ったり、ちょっとマイナーだったりすると、お
店で探すのはかなり大変。店員さんに聞いてもわからない。私の発音わるい?と思って
タイトルからレーベルまではっきり見える切り抜きを持って行っても「棚になければな
いです」。どこの棚だよ?欲しいものを確実に手に入れるにはリアルのお店は使いにく
くなっているような気がします。CDに限らず、本も同じ。

そこでインターネットで探してみると、ちょっとスペル間違えたって探し出してくれる。
店員さんがそんなのはない、と断言した出版社もちゃんと見つけてくれる。ちらっと見
てイメージと違うと思った本や試聴してハズレと思ったCDも「買うのやめる」って言い
やすい。欲しいものを「決定」にすれば「ご注文承りました。いつ頃発送です。」とメ
ールが届いて、あとはポストを覗くのが楽しみな日々が続きます。
デメリットと言えば、カード決済にすると、お金を払った実感がなくプレゼント気分に
なってしまうこと。それと梱包のゴミが多いということでしょうか。厳重な梱包で届く
ところ、簡単な、だけど中身は安心な梱包のところと様々です。通信販売で買い物して、
届いたものを開けるのはすごく楽しいんだけど、その後ろにある包装ゴミの山を見ると
「うーん」と思ってしまいます。「袋いりません」とは絶対に言えないだけに。

                               03.10.13 WADA

公平?

ちょっと興味があったことでも、報道が度を越すとそれがきっかけで嫌いになったりします。
今の私で言うとヤンキースの松井選手と大リーグ。松井選手はもともとファンでも何でもなかったんですが(アンチ巨人なもので)、最近は嫌いな選手になってしまいました。松井選手には何の責任もないんですが、原因はニュースを見るたびに「松井、松井って、そればっかり!うるさいっ!」と思うことが重なって。NHKの夜のニュースで特に感じるのですが、アナウンサーひとりが盛り上がって「すごい!すごい!」と叫んでも比較になる他の選手、プレー、試合を公平に取り上げないことには、何がどうすごいんだか伝わりません。勝利に繋がったファインプレーとお茶目さを強調するようなエラーだけがニュースから流れます。

それだけで「すごい」ってどうして言えるんだろう?このニュース番組を見ている人は、大リーグにも興味があり様々なチームの試合中継もよく見ているはず、という条件があるかのようです。NHKの大リーグ中継は、日本人選手が所属するチームの試合が中心だから、それだけでは公平な評価はできないと思うし。政治・経済・社会・スポーツといろんな事柄を網羅する番組では、広く浅くエッセンスを伝えるべきだと思うのですが、スポーツに関しては、世界には野球という競技しかなく、選手は松井選手ひとりしかいないような報道ぶり。ラグビーのワールドカップはどうなっているのか、何も言わないし。

そうそう、それと柔道のある女子選手とF1の日本人ドライバーも、私が思うには実力通りの報道がされているのか疑問が多くて、好きになれないのです。中継は見たいと思ってもこれらの選手の名前が絶叫されるのかと思うと音を消してみたりします。テレビによく出る人だけが一流のすごい人だと思ってる人も多くいて、だからこそ公平に取り上げてもらいたいと思います。

                               03.10.20 WADA

before Xmas

10月の上旬から、デパートにクリスマス用品が並んでいます。ハロウィーン(10月31日)
が終わり、日本の秋を楽しんだら、いよいよクリスマスっていう気分がいいんですが。ハ
ロウィーンも8月頃からカボチャやお化けを見かけていたような気がします。お菓子屋さん
に並ぶオレンジ色のカボチャを見ると「秋ね〜」と思い、カボチャやおイモ、栗のお菓子
に手が伸びますが、やっぱり10月からクリスマスはまだまだ早過ぎという雰囲気が強い。
並んでいる品物もさすがに雪やサンタクロースのものは少なくて、ガラスで出来た透明の
ツリーなど、今から飾ったとしてもあまり違和感のないものが主流のようです。透明の小
さなガラスのツリーは、飾りがないと海の生き物?という感じがして妙なものです。なん
だか南半球のクリスマスみたいだなぁと、体験したことはありませんが感じてしまいます。
一日一日、仕掛けが楽しみなアドベントカレンダーも12月1日から始まるのが主流だから、
木枯らしの冷たさを感じつつ、クリスマスならではの暖かい雰囲気を楽しみにしたいんだ
けど。

商戦を考えなければならないのなら、せっかくの「和」ブームだし、ハロウィーンからク
リスマスまでの間、日本の秋を楽しむ方向に持って行ってもいいのにと思います。11月と
言えば、各地で紅葉が見頃となり「日本情緒」が映える時季だし。それで、11月の日本的
な家族で楽しめる行事というと・・・七五三?あとは「勤労感謝の日=新嘗祭=収穫祭」
で家族・友達と騒ぐには意外と何もない時です。
実はクリスマスのディスプレーが出た頃から、「和」っぽいコーナーではお正月用品が並
んでいるのです。年賀状とそれ用のスタンプやシール、お年玉用ぽち袋。気に入ったデザ
インのものは「まだまだ」なんて思っているとすぐになくなってしまうから、見つけた時
に買っておきます。ということで、先取り商戦に一番ひっかかっているのは私だなぁと自
覚を強くしました。

                               03.10.27 WADA


無断転載禁止 掲載:アーク編集室

TOPpage/