Art's Report site/Report from TABISAKI

岩村原太の「万国文化中心報告」

《岩村原太さんからのメッセージ》

「山海塾と共に世界各地の劇場を旅しています。いつも感じるのは、そこに舞台を創る人たちが暮らしていて、そこに舞台を見る人たちが集まる不思議。劇場の魅力というのは、すなわち舞台を囲む人たちの魅力なんだなぁと思います。その劇場の「魂」みたいなもの、「文化の中心」のかたち無き姿の手応えは、旅に疲れていてもとても嬉しく、元気になります。その喜びのありかを探りたいと思ってレポートを始めました。」


◎ご好評いただいている「WADA Map」「こぐれ日記」「ヤマさんのライブ備忘録」MIKIの「音楽のある風景」伊藤多喜子の「別冊 邦楽ノート」ほかを最新レポート掲載と同時(不定期)に「まぐまぐ」さん経由にて全文配信する【速報:レポート@アーク】読者[配信登録/解除](ID-0000017309)

2000年◎2002-03


◎2001年

vol.13 01/2/10 「ベルギー・ブリュッセル

vol.14 01/2/20 「フランス、ブルターニュ地方・窓のある劇場

vol.15 01/2/24 「フランス・リモージュ、グランドテアトル、公立のオペラハウスのプログラム

vol.16 01/2/28 「ドイツ・ルードウィヒハーヘン

vol.17 01/3/02 「レムシャイド・ドイツ

vol.18 01/3/09 「エクサンプロヴァンス、テアトロ・デ・ザラン、セーヌ・ナショネール・デ・マルティーグ

vol.19 01/3/11 「マルティーグのお客さん、セーヌナショネールについて

vol.20 01/3/15 「ストックホルム・北のヴェニス

vol.21 01/3/16 「ハウス・オブ・ダンス、ひとつの思想、良く暮らすために

vol.22 01/3/21 「トゥルーズ・ブラニャック、公園の中の劇場

vol.23 01/3/24 「番外編、パリ、オペラを造る

vol.24 01/3/28 「ロンドン・サドラーズウェルズ

vol.25 01/3/30 「サドラーズ・ウェルズ・トラスト

vol.26 01/4/21 「番外●京都造形芸術大学、京都芸術劇場・スタジオ21

vol.27 01/5/02 「滋賀県立のびわ湖ホール●お客さんがとても輝いて見えるホール

vol.28 01/5/18 「世田谷パブリックシアター●壮大な演劇上演実験現場

vol.29 01/5/21 「世田パブその2●ロビーと客席の関係は舞台と楽屋の関係に似ている。

vol.30 01/5/21 「シンポジウム●世界の劇場を巡って

vol.31 01/6/20 「多目的ホールということ●ルネ小平

vol.32 01/6/29 「ちょうど良いサイズの劇場●大野城まどかぴあ

vol.33 01/7/01  「正面の無い小屋●相模大野グリーンホール

vol.34 01/7/25  「メキシコシティ●芸術宮殿にて

vol.35 01/7/26  メキシコ続報「国立美芸術研究所●国家芸術院

vol.36 01/8/11  「富山県朝日町なないろ館●コミュニティスペースの魅力

vol.37 01/8/15  番外「二つのワークショップ●トリイホールと世田谷パブリックシアター

vol.38 01/8/25  「夏のイベント●フェスティバルとコンクール

vol.39 01/8/30  「夏のイベント●音楽人と演劇人

vol.40 01/10/30  「番外編●高松市民会館・京都芸術センター・水口碧水ホール

vol.41 01/10/31  「オペラの現場●パリ・シャトレ劇場

vol.42 01/11/03  「オペラって・・・●シャトレ座の場合

vol.43 01/11/06  「仕込みの毎日●「三人姉妹」を再演する

vol.44 01/12/17  「西陣ファクトリーGarden●5周年のインデックス

vol.45  01/12/22 「大阪国際交流会館●メゾン・ド・キュルチュールのような


無断転載禁止 掲載:アーク編集室

TOPpage