こぐれ日録 KOGURE Diary 2017年3/27〜4/2


こぐれ日録1051 2017年3/27〜4/2A

3/27(月)

いま読んでいる桐野夏生のエッセイ集『白蛇教異端審問』文春文庫、2008年。もちろん一番気になって読んだのは日記。まあ、日記とは何かと思いつつブログを自分も書いているからだけど。
直木賞発表前後のこととか、すごい作家も結構普通の人だよねとか思いつつ、でもそのエッセイにも鋭い棘がある。
お年玉という風習がない一家のこと、書評、中国のおトイレ事情、韓国取材。
ああ、玉蘭はこうしてできたのかとか、裁判の傍聴など小説の裏側が垣間見られる。おお映画のメイキングビデオが面白いのと同じだし、そのためには本体の映画が面白いからでもある。

少しずつオフからオンへ。
でも、まだ大学に行くのは重役出勤である。
ここは鴨川の十条。風が冷たすぎる。外国人カップルが通り過ぎる。
鳥が歌う。鳥羽街道駅から山科急行バスの新しい停留所。吹きさらしの十条相深町。

4月からの新しい先生二人を迎えた都市環境デザイン学科建築インテリアコースの打ち合わせに、かってに途中から入る。発見が多い。
17時から京都橘学園評議会。秋には替わってもらわなくちゃ。誰もここでは食べないお弁当がいつも配られるが、だったらお弁当代2000円とか渡して欲しいものw

授業の準備のためのクイズがだいぶんできる。

[劇場文化論クイズ]
以下の文章について、◯か?かによって答えてください。ただし、ときにどちらでもないとかどちらともいえるがあるので、その場合だけ△をつけてください。?の場合は正しく訂正できればしてください。

例 ? 0)東京都には、実演芸術を主に上演する国の劇場として、国立劇場、新国立劇場、国立文楽劇場などがある。
国立文楽劇場?⇒◯国立能楽堂 (なお、国立文楽劇場は大阪市にあるのでこれを削除でも可)

1) 劇場で上演される芸術のことを「実演芸術」と呼ぶが、これは英語の「パフォーミングアーツ」のことである。

2) 実演芸術には、音楽、演劇、映画、伝統芸能、演芸が含まれる。

3) 演劇を鑑賞する所としては、専門の劇場のほか、地方自治体が設置する文化ホールなどが挙げられる。

4) 日本にはバレエやコンテンポラリーダンスの専門の劇場やホールは存在しない。

5) ミュージカルは、「ミュージカルプレイ」の略であるので、演劇の一種とも言える。

6) 演劇などを上演する場を「◯◯劇場」と呼んだのは、明治時代からである。

7) 劇場を活性化する法律は日本ではいまだ制定されていない。

8) 戦前(1945年以前)には、観覧税(地方税)や入場税(国税)として、観劇料金に税金がかかっていたが、日本国憲法制定時に入場税は廃止された。

9) 吉本興業株式会社の創業は、1912年に大阪天満宮近くの寄席小屋「第二文芸館」を買収した時からとされているが、当初は「興業」ではなく、「吉本興行(部)」(1915年)と言っていた。

10) いまは芝居といえば、演劇のことで劇場という意味ではないが、江戸時代までは、芝居小屋(劇場)のことを指すことが多かった。

11) 滋賀県には県立のびわ湖ホールという劇場・音楽堂があるが、大阪府にも京都府にも府立の劇場・音楽堂は存在しない。

12) 「文化」という概念は、物質的な発達、すなわち技術や機械、社会制度を含む「文明」とは違い、精神的な意味を示している。

13) 古代ギリシャの劇場には、オルケストラと呼ばれる円形の舞台(ローマになると半円)があり、そこでコロスと呼ばれる合唱隊(踊ったりもする)が活躍した。英語のオーケストラはこのオルケストラが語源であり、コーラスはこのコロスが語源である。

14) 宝塚歌劇団は、宝塚温泉の室内プールを改造したパラダイス劇場から出発したが、1914年当初から小林一三は、現在まで続くミュージカル(歌芝居)とレヴュー(ショー)の二本立ての興行を企画し実行した。

15) シェークスピア演劇を多く公演したロンドンのグローブ座の平土間の観客は、雨が降ったら濡れるしかなかったと言われていて、これは室町時代や江戸時代の能狂言公演も同じであったということができる。

16) イギリスでは早くから演劇による更生プログラムの一環としてワークショップを刑務所や少年院でやっていて、日本で文化庁が誕生した1960年代から、イギリスにならった演劇ワークショップを主に少年院に取り入れてきた。

17) 日本では教育を所管する文部科学省の外局として文化庁が設置されているが、フランスや韓国では、文化行政と教育行政は異なる省によって所管されている。

18) 劇場や文化ホールの職員は、美術館の学芸員(博物館法第5条による国家資格で文部科学省所管)と同じく、国家資格として劇場管理者資格があり、毎年試験が行われている。

19) 劇場などの音響スタッフの国家資格としては、厚生労働省所管の「技能検定・舞台機構調整(音響機構調整作業)」がある。

20) 劇場などの照明スタッフの国家資格としては、経済産業省所管の「照明技術者技能認定」があるが、かつては、公益社団法人日本照明家協会による資格制度であった。


3/28(火)

実はいろいろ校務などがあった日。
小暮はな(長女)の関西ライブが決まって公表できるようなので、ここで告知。
ふちがみとふなとさんとの対バンという形で、アバンギルドで6/24(土)になったようだ。
当初、7月上旬ということで動いていて、どうも、劇団態変がらみで7/1にふちがみとふなとさんがライブがあるとのことでこうなった。
まだ、公表ではないが、ある劇団がらみでそのあとに京都でもライブがあるし、山科でもそのあとに、これは予定していたものがあるかも。

ただ、6/24はピアノつきでそのあと名古屋が有り、東京もまたあるが、そのあとははなのソロになるようだ。
詳しくはまた。
https://www.youtube.com/watch?v=dGAOmRqEqO4


3/29(水)

ずっと家。
録画していた舞台を見る。演劇集団円の『景清』が前半。大きな人形を使うユニークな舞台。
音響がほとんどなく、照明が活躍。

『パーマ屋スミレ』新国立劇場小劇場、2012年。
この後半は、逆に照明はセットされているし、舞台美術は1965年からの数年の大牟田か荒尾の朝鮮人エリアの散髪屋。
辛い話だが、三池炭鉱のことはずっと思っていたので」165分。ずっと見つめた。南果歩と根岸季衣の姉妹のやり取りはさすが。筑後のバッテン弁。星野園美さんがこの二人の妹なのかどうか。妹と同じぐらいの親密さ。
しかし、現実は辛い。彼女の春美役の天国から地獄の落差。炭鉱事故後の男たちの悲惨とそれを受け止め介護する女たちの苦悩。でも、戦う女もいる。第一組合、第二組合。
『パーマ屋スミレ』新国立劇場小劇場、2012年。
作・演出:鄭 義信
南 果歩  根岸季衣  久保酎吉  森下能幸  青山達三  松重 豊
酒向 芳  星野園美  森田甘路  長本批呂士  朴 勝哲  石橋徹郎

『パーマ屋スミレ』 ―あらすじー
<1965年、九州。「アリラン峠」とよばれた小さな町があった。そこから有明海を一望することができた。アリラン峠のはずれにある「高山厚生理容所」には、元美容師の須美とその家族たちが住んでいる。須美の夫の成勲は炭鉱での爆発事故に巻きこまれ、CO患者(←一酸化炭素中毒患者)となってしまう。須美の妹の夫もまたCO患者に・・・・。須美たちは自分たちの生活を守るために、生きてゆくために必死の闘いをはじめた。しかし 石炭産業は衰退の一途をたどり・・・・・>


3/30(木)

山科急行、1限目に授業がないときは、家を7時半に出て、京都橘大学に8時45〜50分着という感じなのでまずまず。
10時半から都市環境デザイン学科の学科ガイダンス。
冒頭に、校舎と教室の見分け方のペーパーを配ってすこし説明。今日の朝はそのペーパーづくりだった。建築インテリアコースがやはり多いか?

帰って、準決勝の録画予約がうまく働いていないことにがっかり。なにせ、大阪愛の自分にとって最高の試合だったようなのに。

仕方がなく、短い映画を見た。でも、TVシリーズを見ていたこともあり、なかなかに興味深く、これほど、時が行き来したり、カラーと白黒が重なったり、でかい漢字文字(殲滅、突破口、飛翔・・・)がバーンと出たり、なかなかにアーティスティックなアニメ映画だった。『シンゴジラ』を見なかったら、庵野秀明さんらのことを全く知らないままだったのだろうと思ったりもする。ヤシマ作戦で映画館がどよめき、最後のシーンでシンクロするのがようやく分かりかけている。

「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版2作のうち、EVANGELION:DEATH(TRUE)2 NHKBSプレミアム版(3月24日(金)23時45分〜24時53分)の録画。東映。1998年。
<西暦2015年。第3新東京市に、謎の敵性生命体“使徒”が襲来した。
主人公・碇シンジは、人類が“使徒”に対抗する唯一の手段である汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦者に抜擢されてしまう。今、人類の命運を掛けた戦いの火蓋が切って落とされる。
果たして“使徒”の正体とは? 少年たちと人類の運命は?>

精神的には快調なのだが、どうも体重が急激にアップ。69kgにもなりそうな勢い。5月の健康診断までに65kgへと落とせるのか・・・カップ麺を連続して夜中に食べたとかいろいろ自分の責任は見えているのだけれど。


3/31(金)

2016年度の終わり。
一般財団法人地域公共人材開発機構平成28年度第2回定時理事会。
15時過ぎから。前はここの評議員だった。
その前に、行政学などのためのレジメづくり。文科省の天下り問題。

帰って、映画。奇妙な映画。有名なタイトルなのに初見だった。
もっと過激かと思っていて、あれ、と思ってみているとそのネジ曲がったところもあって只者でもなく。
テイ・ガーネット『郵便配達は二度ベルを鳴らす』1946年、113分、 MGM。The Postman Always Rings Twice
<J・M・ケインの傑作ハードボイルド小説のハリウッドでの最初の映画化で、原作の激しい性と暴力の表現はやはり当時の製作コード上抑えた形で描写されたが、むしろ、その抑圧的なムードがヒロインのターナーの頽廃美を伴って、得も言われぬノワールな趣をかもしている。が、そんな魅惑的な彼女もガーフィールドのいきがった小悪党の流れ者の前では影が薄い。不貞の妻の彼女にそそのかされて、その旦那のレストラン店主殺害の共犯となる彼のモノローグで、この暗い物語は展開していくのだが、その頃、若き演技派としてめきめき頭角を顕していた彼の語り、芝居には自然であることに加え、後のM・ブランドに通ずる新しい輝きが鈍く光っており、その後に赤狩りの犠牲となり失意のうちに急死したことが全く悔やまれる。古式ゆかしいタッチとリアルな新味が混然となった作品>
ジョン・ガーフィールド
ラナ・ターナー
セシル・ケラウェイ
ヒューム・クローニン
レオン・エイムズ
オードリー・トッター
アラン・リード
ジェフ・ヨーク


4/1(土)

入学式。
初めて二部制。8:20からの辞令式。部長会メンバーが全員出るのは大変。
入学式も、学生部長として2つ出てもまあ意味があるのかどうか議論の余地あり。
吹奏楽もよくやってはいたが、やっぱり卒業式とは違うものも聞きたかったかも知れない。
学生歌のキーが自分的に低いと感じたのは歳のせいかも。
いかに効率的にやっていくのか、でも大事なところは手厚くするか。すべてにいろいろ課題。当面は、インターシップ推進委員会がまずまずの発進なので、次はボランティアの委員会を蘇らせてボランティアセンター化をどう地域連携センターとのリエゾンを通じてやっていくかだな。

桐野夏生さんが苦手なエッセイを読み終えて『ハピネス』へ。タイトルを見て多分それの裏腹の世界かと予想していて、まずはそういう序盤。

夕方、大学院はどうなるのかとは思いつつ、新しく入った二人の先生と食事。鮎味亭。学生向けの量重視だが安いと思う。あとはいつもの山科椥辻ミュージックサロンYOSHIKAWA。

4/2(日)

午前中は、ニトリモール。出口を間違えて枚方ドライブw
午後は、背割堤へ。京都橘大学4回生の一人がチラシを配っていてびっくり。就活大丈夫か。
まだ桜は蕾がほとんど。でも、人出は結構あったな。

前にも書いたけれど、逃げ恥はじめ重版出来や空飛ぶ広報室などでヒットを獲得してきた野木亜紀子さんという脚本家を卒研テーマにしたいというゼミ生がいて、変わるかも知れないが、脚本家という、重要だが、あまりクローズアップされないアーティストジャンル研究は面白いので、改めて、すこし意識している。

演劇や映画でも脚本家やドラマトゥルギストなどは注目されているのだろうが、テレビドラマだと監督は複数なので、だいたい一人で筋を通す脚本家の存在はもともと重要になる。

ということで、改めて、山田太一さんを意識する今日このごろ。
ようやく、1977年、TBS、『岸辺のアルバム』全15話を見終わる。7巻に三話あって、15話だけ、水害のシーンのオープニングがない。まあ本編であるから当たり前なのだが、最後の結末を最初から見せて、3年前の災害なので、記憶に新しい実際を元にしていると言うだけで、かなりシリアスな作りのドラマであったと改めて思う。

でも、阪神淡路や東日本の災害を経て、19軒が多摩川の洪水(それも上流のダムの放水によることもあって)で流されていくというホームドラマの実験性はいまでも心打つし、今、テレビドラマはどうなっているのかとか考える重要な体験でもあった。

『岸辺のアルバム』(きしべのアルバム)は1977年6月24日から9月30日まで放送されたTBS系のテレビドラマ。
(出演)
田島則子:八千草薫
田島律子:中田喜子
田島繁:国広富之
篠崎雅江:風吹ジュン
沖田信彦:新井康弘
丘敏子:山口いづみ
川田時枝:原知佐子
北川徹:竹脇無我(特別出演)
塚本信夫
川田祐作:園田裕久
時枝の男・二宮:保積ペペ
本山可久子
小鹿番
秋山絢子:沢田雅美
中田敏雄:村野武範
堀先生:津川雅彦
田島謙作:杉浦直樹

(スタッフ)
原作・脚本:山田太一
製作:大山勝美
プロデューサー:堀川敦厚(現:堀川とんこう)
演出:鴨下信一、片島謙二、佐藤虔一、堀川敦厚
音楽:小川よしあき
テーマ曲:「ウィル・ユー・ダンス」ジャニス・イアン
製作著作:TBS

ウィキ
<1974年の多摩川水害が背景にある。この水害で多摩川の堤防が決壊し、19棟の家屋が崩壊・流出したが、家を失ったことのほかに家族のアルバムを失ったことが大変ショックであったという被災者の話を山田が聞き、そこからドラマの構想が生まれた。ラストの水害で家が流されるシーンは、実際の報道映像が使用されている。
主演の八千草薫は家族に隠れて和泉多摩川駅の向かいのホームに佇む美しさに惹かれたといって電話をかけてきた竹脇無我と不倫する主婦を演じ、それまでの良妻賢母的なイメージを打ち破り、新たな役どころを開拓[3]。テレビ大賞主演女優賞を受賞。また、この作品でデビューした国広富之はゴールデン・アロー賞放送新人賞等を受賞した。
当時の平均視聴率は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそれほどでもなかったが、その後評価が高まり、現在[いつ?]では、テレビドラマ史に残る名作という評価が定着している(山田は「脚本家を志す学生から『早春スケッチブック』と並んでこの作品が最も質問を受ける」と著書で語っている)。
このドラマは、前述のように実際に東京都狛江市で起こった水害を題材に、平凡な中流家庭の崩壊を描いた作品である。それまでの「家族で食卓を囲んで最後はハッピーエンド」というホームドラマの殻を打ち破り、辛口ホームドラマというジャンルを確立した点で、革命的な作品であり、日本のテレビドラマ界に与えた衝撃は大きかった。
そのストーリーと共に特筆すべきは、オープニングの映像である。平穏に見える川が、ある日突然濁流に変わり、平凡な家庭を飲み込んでいくという、この作品のテーマを見事に象徴している。特にジャニス・イアンの甘く気だるい歌声と、マイホームが濁流に飲み込まれていく実際のニュース映像が鮮烈に印象に残る。>
『岸辺のアルバム』というタイトルも含蓄がある。途中の回で、それぞれに秘密を抱える主人公の家族が、偽りの笑顔をつくって多摩川の岸辺で家族写真を撮るシーンがあるが、アルバムは、こうした偽りの家族平和の象徴である。夫の秘密は東南アジアから風俗業の女性を「輸入」していること、妻は不倫、姉は白人留学生にレイプされたこと、弟は建売りの自宅の手付けを先に打ったのに流してしまった家の娘とつきあっていることだ。
しかし、最終回で家を失う家族が、必死で持ち出したものがアルバムだったことから、最後は家庭や家族の絆の象徴としてアルバムが登場する。たとえ偽りでも、たとえ崩壊しても、最後の拠り所は家族であるというのが、作者のメッセージであり、そのメッセージを『アルバム』に託している。家族とは何かを考えさせられるタイトルである。
北川徹と堀先生の配役は、当初は逆(津川雅彦が北川、竹脇が堀)であった。>


KOGURE Diary/こぐれ日録》の扉へ戻る