こぐれ日録 KOGURE Diary 2017年7/31〜8/6


こぐれ日録1069 2017年7/31〜8/6A

7/31(月)

4月ぐらいに放送されていた映画を楽しむ。
吉永小百合が当時高校生だったということで、意外と演技が上手いし、なにせ元気はつらつ。
いままでどうしてこの映画を観なかったのかと思うとともに、吉永小百合さんを避けていたことが不思議なぐらい。
でも、この親父さんってどうしようもなく古臭い固定観念で、ここまでダメなのも珍しい。

浦山桐郎『キューポラのある街』(1962年、99分、日活)。モノクロ。最初の日本でのカラー映画が1951年だから10年以上モノクロ映画って作られていたんだな。モノクロでも新しいのでなかなかに鮮やか。吉永小百合さん演じる中学3年生のジュンが口紅を初めてつけるところとかもう想像力だけだしね。
<中学3年の石黒ジュン(吉永小百合)は、鋳物工場の直立炉(キューポラ)が立ち並ぶ埼玉県川口市の鋳物職人の長女である。何事にも前向きで、高校進学を目指すジュンだが、父・辰五郎(東野英治郎)が工場を解雇されたため、家計は火の車で、修学旅行に行くことも諦めていた。
自力で高校の入学費用を貯めようと、パチンコ屋でアルバイトを始めるジュン。担任教師の助力で修学旅行にも行けることになった。しかし、ようやく再就職した父親は、待遇が不満で仕事をやめてしまった。絶望したジュンは女友達と遊び歩き、危うく不良少年たちに乱暴されかけた。
全日制の高校進学を取りやめて、就職を決断するジュン。北朝鮮への帰還問題で苦悩する朝鮮人の一家や、貧しくとも力強く生きる人々との交流を通じて、ジュンは、自立して働きながら定時制で学び続けることに意義を見出したのだった。>
石黒辰五郎:東野英治郎
トミ(妻):杉山徳子
ジュン:吉永小百合
金山ヨシエ:鈴木光子
サンキチ:森坂秀樹
父:浜村純
母・美代:菅井きん
塚本克巳(鋳造工):浜田光夫
うめ:北林谷栄
カオリちゃん:岡田可愛
野田先生:加藤武
女工員:吉行和子

http://www.cinenouveau.com/sakuhin/urayama/urayama.html
<昭和という時代を駆け抜けた屈指の映画監督・浦山桐郎。『キューポラのある街』『非行少女』『私が棄てた女』等の名作を残し、吉永小百合、和泉雅子、大竹しのぶらの女優を育てあげ「女優育ての名手」と言われながらも、生涯にわずか9本の映画を残しただけの寡作な映画監督。それは厳しい映画業界にあって納得のゆく企画を探し続け、それも機が熟すまで粘り強く時間をかけ、自分の作品にすべく丁寧にこだわり続けた苦闘の軌跡そのものだった。貧しさを憎み、若者たちに壁のように立ち向かう社会の幾多の問題や、人生をどう生きるかを、真っ向から誠実に、そして真剣かつ論理的に描こうとした作品を作り続けた。1930年に生まれ、わずか55歳でなくなった浦山桐郎監督>

行政学のレポートの締め切りが今日の午前中に設定したので、それ以外の成績を確定して提出。行政学の成績も一人をのぞいて保存。
明日は完全休暇にして、明後日で前期を終わらそうと思っている。

29日に、はながアピア40で弾き語りだったようだが、そこのオーナーの伊東哲夫さんが、とってもありがたいアルバムレビューをしていただいていた(「あたふた」の表紙にもはながいる)。15歳に当時渋谷にあったアピアのオーディションに望んだのが1998年11月ぐらいで、1999年1月に、はなデビュー。1曲目は雪が降ってきたという歌だったはず。研究室にCDにしてもらった録音があるはずだな。

https://www.facebook.com/nobuo.kogure/posts/1405653402803923?notif_t=like¬if_id=1501548358275803
<「青」と題したこのアルバムには
小暮はなが、日本そしてポルトガルを旅して見つけた
素朴で切実な愛の物語りが溶けあっている
音楽だからできる融合がある
このアルバムを聴いていると
窓辺の鉢植えの花木に水遣りをしたくなる
生きていることが愛おしくなる>


8/1(火)

ずっと家。
運動不足解消に石清水八幡宮へ。
人が少なく、何かぼんやりできる。蝉の声が家よりもちょいとクリア。
正月にはなかった案内板があって楽しめる。徳川家の坊や足利家の坊。なんで神仏分離、廃仏毀釈しちゃったんだろう。明治維新の狂気。

桐野夏生『I N』(2012年、集英社文庫、2009年単行本)を読み終える。
『死の棘』との関係だったようだが、どうしても、志賀直哉『山科の記憶』と関連付けてしまう自分がいる。私小説的純文学へのかなり強い批評のように思えたりする。でも、面白いのでどんどん読める。

http://booklog.kinokuniya.co.jp/fukushima/archives/2009/07/in.html
<本書は「小説についての小説」というスタイルを採っている。具体的には、作家である主人公・鈴木タマキが「緑川未来男」なる作家の『無垢人』という過去のベストセラー小説――しかも、一種の私小説――に秘められた謎を解き明かし、その調査結果を『淫』という作品にまとめあげようとする、そのプロセスだけが記されているのだ。そこでは、従来の社会派的なモチーフは影を潜め、かわりに緑川という作家を取り巻く虚実皮膜の人間模様だけが次々と浮かび上がってくるという仕掛けになっている。『IN』というタイトルに相応しく、タマキは緑川および『無垢人』の内なる秘密にどんどん分け入り、そのプロセスで本当とも嘘ともつかない言葉を拾い上げては、共鳴させていく。かくして本書は、桐野の長編としては例外的に、ある種の内向的な性質を帯びることになるだろう。

特に、本書の強度は、緑川の愛人とされる「○子」というブランクの存在によって高められている(なお、この愛人の存在は、島尾敏雄『死の棘』へのオマージュでもある)。タマキはこの「○子」こそが『無垢人』を解く鍵だと睨み、その正体を探ろうと、関係者へのインタビューや書簡のやりとりを開始する。けれども、それらの情報は、決して「○子」の実像を浮かび上がらせるには到らない。それどころか、かえって、緑川や『無垢人』周辺の謎=幻想を増す結果に終わるだろう。むろん、それこそが桐野の狙いなのである。>

<私は先ほど、『IN』が社会派的なモチーフから離脱したと書いた。確かに本書には、時事的なネタはほとんど出てこないし、話題も文壇的なものに限られている。しかし、より正確には、その閉鎖性こそが『IN』を《ある種の》現実の位相に向けて開いているのではないか。現代人の生活世界においては、幻想は幻想で勝手にたくましく成長していくし(incidentの領域)、現実は現実でときに無情な死や失敗をもたらすだろう(accidentの領域)。前者は後者を呑み込もうとするのだが、それはまさに『IN』がそうであるように、完全な成功を収めるには到らない。この両者はあくまで独立の事象であり、つまりは本質的に乖離しているからだ。



面白くしかもしみじみ。
アメリカ映画というよりは欧州の芸術系映画のようだった。
ヤノット・シュワルツ『ある日どこかで』(1980年、103分、ユニバーサル・ピクチャーズ、Somewhere in Time)
リチャード・コリアー - クリストファー・リーヴ
エリーズ・マッケナ - ジェーン・シーモア
ウィリアム・F・ロビンソン - クリストファー・プラマー

<原作者のリチャード・マシスンは、バージニア州のある劇場で見かけたポスターに出ていた、20世紀初頭の女優モード・アダムズ(Maude Adams)に心惹かれ、彼女について調査を続け、1975年に自分の経験を投影したロマンティック・ファンタジー小説『ある日どこかで"Bid Time Return"』(創元推理文庫)を発表した。これは翌年の世界幻想文学大賞を受賞している。
プロデューサーのサイモンはこの原作を気に入り、(スティーヴン・スピルバーグと同期で1967年にユニバーサル映画社に所属し、テレビや映画の監督として活躍していた)監督のヤノット・シュワルツに映画化の話を持ちかけた。シュワルツはスピルバーグとともにユニバーサル映画社の幻想テレビドラマ・シリーズ『四次元への招待"The Night Gallery"』を担当していて、そこでマシスンの原作&脚本のエピソードを監督していた。それがきっかけで、シュワルツに注目していたマシスンが『ある日どこかで』の監督候補に推したといわれている。
シュワルツは、シェイクスピアの一節を引用した原題"Bid Time Return"も悪くはないが、古臭い感じがするので、観客が歓迎しそうな"Somewhere in Time"という題名を提案した。上層部は非商業的でヒットしそうにないという見解を出し予算は半減されたものの、「それでも作りたい」というスタッフ・キャストが集まり、映画は完成した。>


8/2(水)

午後に会議や校務があるので、午前中は研究室の片付けとかしつつ、のんびり。
灘校の和田孫博校長のpdfが話題になっている。どこにでているものかがわからないが、どうも去年の2月に書かれたものらしい。http://toi.oups.ac.jp/16-2wada.pdf
検定済みの教科書を選んでも、こんなに非難のハガキが来たり、灘校出身の自民党議員から言われたりするのかと驚く。
育鵬社の教科書を横浜市長が採用していることについての是非の議論の流れからか、和田校長の言葉が注目されたのだそうだ。学び舎の教科書は高校受験がない中高一貫校でしか使いにくい(アクティブラーニング向き)ということ。

町村泰貴さんという方が、ブログになおしてアップしてあるので、こちらのほうが見やすいかも。
灘校の歴史教科書採択に関する「謂れのない圧力」 http://blogos.com/article/238366/

中学校の社会科の教科書会社一覧があったので、参考にアップ。
東京書籍株式会社
https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/chu/shakai/rekishi/index.htm
教育出版株式会社
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/docs/h28chugaku/shakai_rekishi/index.html
株式会社清水書院
http://www.shimizushoin.co.jp/tabid/89/pdid/368/Default.aspx
株式会社帝国書院
http://www.teikokushoin.co.jp/textbook/tenji/index.html
日本文教出版株式会社
http://www.nichibun-g.co.jp/h28textbooks/c-shakai_reki/index.html
株式会社自由社
http://www.jiyuusha.jp/newpage3.html
株式会社育鵬社
http://www.ikuhosha.co.jp/textbook28/rekishi.html
株式会社学び舎
http://manabisha.com/

日本史は確かに教科書を少し使って中学のとき授業した覚えがある。他は、先生らが自分で作った冊子とか板書が多く、英語と数学は教科書があったが、世界史などは東洋史と西洋史に中世まで分けてならった。国語が橋本武先生だったので、銀の匙ノートが有名だが、漢詩を覚えたり、白文でレ点などもつけ、土佐日記も変体仮名のままで、それを読み解くことが中学生ながらとても楽しかった。


8/3(木)

年金の手続きの関係で、戸籍謄本や住民票をとりに市役所へ。
そのあと、金融機関の証明。
早く終わったので、ソフトバンクが開くまで、流れ橋までドライブに。
結構、気持ちよかった。

ということで、老齢厚生年金の請求手続きを書き始める。
一番苦労したのは、印字されていない年金加入期間のところ。
日本年金機構に尋ねると、京都橘大学に入る前は5年間のみ地方職員共済組合滋賀県支部に入っているのみとなっている。
昔に来た書類でもそうなっていて、そういえば、1978年(昭和53年)4月に自治省に入ったという書類を作ったことがあったのだった。でも、訂正されていないのはどうしてか。
まず地方公務員共済組合連合会に電話したが分からず。私学共済にも電話したがダメ。最後に国家公務員共済組合連合会が、請求書を送るのでそこに書くようにという話になって、時間がかかることに。


8/4(金)

地域公共人材開発機構の臨時理事会に。長谷ビル。
それまでに、ようやく消えたかも知れない年金問題は解決。多分、総務省の人が大丈夫です、直してもらいますといっていたので。ミスだった模様。

映画はアクション物。
筋肉がすごい。
ツイ・ハーク『ダブルチーム』(1997年、93分、コロンビア映画、原題: Double Team)
ジャン=クロード・ヴァン・ダム
デニス・ロッドマン
ミッキー・ローク
<“香港のスピルバーグ”の異名をとるツイ・ハーク監督のハリウッド進出第1作となったハード・アクション。元CIAの秘密工作員クインと長年の宿敵であるテロリスト、スタブロスの対決が、激しい銃撃戦や迫力の爆破シーン、また激しくぶつかり合う肉弾戦の連続でスピード感たっぷりに描かれていく。NBAのスーパー・プレイヤー、デニス・ロッドマンがクインに味方する闇の兵器ブローカー役で初の映画出演を果たしたのも話題となった。>

<元CIAのエージェントであるジャック・クインは、現在は引退して妊娠した妻キャサリンと南フランスで平和に暮らしていた。そんなある日、テロリストのスタヴロスが再び活動を開始する。ジャックは過去の同僚から再びCIAに復帰するよう説得され、心配する妻を後目にそれを了承するのだった。
ジャックはアントワープの武器商人ヤズから武器を入手し、スタヴロスが現れるという遊園地で待ち伏せを行う。そして部隊がスタヴロスを狙撃しようとしたその時、彼の妻と幼い息子が現れる。遊園地に来たのは幼い息子と束の間の休息を楽しむためだった。その姿を見たジャックは狙撃命令を出すことに躊躇してしまい、スタヴロスに作戦を勘付かれてしまう。その結果、遊園地内での大きな銃撃戦に発展してしまい、その流れ弾がスタヴロスの妻と幼い息子の命を奪ってしまう。しかも当のスタヴロス本人には逃げられ、ジャックは意識を失う大怪我を負ってしまい、作戦は大失敗に終わってしまった。この失敗が原因で彼は、失敗したエージェントを監禁する秘密の島「コロニー」に強制送還されてしまう。
数ヵ月後、ジャックは愛する妻に再び会うため、コロニーから脱出するのだが、そこで驚くべき事実を知る。なんと妻はスタヴロスの手によって連れ去られていたのだ。ジャックはヤズと共に愛する妻を助け出すことを誓った。>


8/5(土)

BSフジでやっていた映画を録画で観た。角川春樹『汚れた英雄』。
昨日もそうだったが、最近は娯楽ものをよく読むようになった。小説もそうだ。小説は特にそう思うが、直木賞系のものって、その技がすごいなあというものが結構ある。途中でやめるのがもったいなくなる面白さ。

この小説も、場面がかわり、この登場人物って誰って思わせながら、最後の方になると修練していく。記憶喪失に双子、幼児虐待。不倫。精神病院、暴力団、そして警察組織のなかの抗争。刑事警察対公安警察。解説に寄ると、エチェバリア大統領(サルドニア)と言うのは、チリのピノチェトのことのようだ。

逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』(集英社文庫、1990年。1986年単行本)。
<能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻が巻きぞえとなり死亡。そして豊明興業のテロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希部長刑事は...。>


角川春樹『汚れた英雄』1982年、112分。原作:大藪晴彦  汚れた(けがれた)
草刈正雄 レベッカ・ホールデン 木の実ナナ
浅野温子 勝野洋 貞永敏 林ゆたか 奥田英二 磯崎洋介
夏八木勲の姿もチラリ。

<本作は角川春樹による監督作品第1作である。本来角川はプロデューサーであり、監督は別に計画されていたが人選が難航、結果的に角川が自ら演出することとなった。
演出経験を持たない角川は、脚本の丸山昇一と相談し、極力台詞を削ることで映像の持つ迫力を前面に出す演出を心がけた。これについては当時、最低限のものだけを残しギリギリまで削り込む俳句の技法を応用した、との発言を残している。
また、物語は原作小説とはまったく異なるものである。脚本の丸山は当時のインタビューで、2時間弱の映画の中では原作の一部分しか描けず、また終戦後から始まる原作では当時の時代背景から描かねばならないことなどから、原作のストーリーから離れて現代を舞台にすることに当初から決めたという。丸山は原作の中の「物語」ではなく、「キャラクターの生きざま」を描こうとしたといい、「北野晶夫ライブ」という表現を用いている。
制作にあたりヤマハ発動機の全面的な協力が得られたことから、ヤマハの関連会社が経営するスポーツランドSUGOで、TZ500や当時のWGP主力マシンであったYZR500を使った模擬レースを開催するなど、現代のロードレースシーンを描くことに成功している。
映画の終盤で草刈正雄演ずる北野晶夫が大群衆に囲まれるシーンには、〔角川春樹を陣中見舞いに来た〕薬師丸ひろ子の歌を聞きに来たファンをエキストラに使用した>
http://www.bsfuji.tv/yogoretaeiyu/pub/index.html

8/6(日)

15時からめくるめく紙芝居プロジェクト。
NPO法人わくわくにて。
会議室なので、どうしても、お話会のようになるが、今回は私とるかッペが知らない方(そのほかのメンバーはよく知っている)が多く、自己紹介プラスアルファ(いま興味のあることとか失敗したこと)をしてたら、90分を過ぎていた。
居場所づくりとしてはなかなかにいいのかも知れない。
慣れない障害者はすこし早く帰る。いろいろな障害のある人と一緒にいられるとてもいい機会なので、ゼミ生などが参加すると貴重になるのだが・・

一番話題になったのは、消えたピタパもあったが、なんと言っても太極拳。
ヘルパーさんに太極拳をしている人がわんさかいる。
あみんの「待つわ」(1982)などで、メック太極拳の開発は?という具体的提案あり。

劇場文化論に役立つかなと思って買っていて、いまごろ読む。
いやあ、なかなかにおもしろい。早速続きを購入することにしたが、第6巻が本やクラブにない。とりあえず、それ以外を買うことに。生協から来たら、また考えよう。

ハロルド作石『7人のシェイクスピア 』 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 1〜3巻(2010〜11,小学館)
<史上最高の劇作者にして詩人。現代の英語を作り上げた男とも言われるシェイクスピアとは、いったい誰だったのか?文学史上最大の謎に、『ゴリラーマン』『BECK』で二度 講談社漫画賞を受賞した希代の超実力漫画家・ハロルド作石が挑む!!歴史の闇に見失われた“真実"の物語。本当のシェイクスピアを、世界はまだ知らない!!>
<▼第1〜10話
●主な登場人物/ウィリアム・シェイクスピア(『ハムレット』『マクベス』『リア王』『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』…数々の戯曲を残し、今なお世界中を魅了し続ける史上最高の劇作者。しかして、その正体は?) リー(シェイクスピアの栄光の陰に存在していたと思われる女。中国系イギリス人)
●あらすじ/エリザベス朝時代のイギリス。名声高い劇作家ウィリアム・シェイクスピアの陰には、リーという女がいた。リーは明時代の中国に生を受ける。少女時代、全てを言い当ててしまうために周囲から疎まれ、ついには父に喉を焼かれてしまう。その後、イギリスはリヴァプールのチャイナタウンに移住するが、そこでも予言の力から“黒い女神"と呼ばれることになる…。
時は1587年。イギリス・リヴァプールに栄えた中華街(チャイナタウン)は、嵐に飲み込まれ消失した。予言など不思議な能力を持ち、全てを言い当てるためチャイナタウンで“黒い女神"と呼ばれたリーも、川の氾濫で流されてしまう。
そして流された先で、リーは“ある男"に助けられる…世界の歴史を変える運命の出会いだった!!
史上最高の文学者と呼ばれる男、W・シェイクスピアとは誰だったのか!?
シェイクスピアの“失われた年月"を描く!
『BECK』『ゴリラーマン』で二度 講談社漫画賞に輝いた実力漫画家・ハロルド作石が初めて歴史物語に挑み、あのシェイクスピアの正体に迫る!!待望の第3集!!
記録の存在していない7年間、シェイクスピアは一体何をしていたのか!?
片田舎の教養のない青年・シェイクスピアが、7年後にはロンドンで偉大な詩人となっていた。その間、彼がどこで何をしていたのか、記録は一切 残されていない。しかし、この“失われた年月"と呼ばれる7年間こそが、実は天才劇作家を育んだ季節であった…
謎の女・リーとの出会い、処女作「オデット」上演…シェイクスピアの歴史の空白を埋める!!>


KOGURE Diary/こぐれ日録》の扉へ戻る