こぐれ日録 KOGURE Diary 2017年8/14〜8/20


こぐれ日録1071 2017年8/14〜8/20A

8/14(月)

夜、録画していた、『スティーブ・ジョブス』を見る。1970年代後半から1990年代まで。なるほどなあ、本当にジョブスって協調性がなくて清々しいほど。家族とかともなんだかうまくいかない。でも養父母とはいい関係だったみたいだな。シリア人移民の実父とは父親と知らず会っていたが、結局父と息子としては対面しないままだったそうだ。http://buzz-plus.com/article/2015/11/13/steve-jobs-talks-on-tape-about-biological-dad/

ジョシュア・マイケル・スターン『スティーブ・ジョブズ』2013年、122分。
日本語吹き替えでずいぶんカットされていたサンテレビの放映録画で見た。
<アシュトン・カッチャーがジョブズ、ジョシュ・ギャッドがアップルコンピュータ共同設立者のスティーブ・ウォズニアックを演じる。>
<2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。天才と称される一方で非情な人間とも伝えられた彼が歩んだ、波瀾(はらん)万丈な人生を追い掛けていく。メガホンを取るのは、脚本家としても活躍してきた『ケビン・コスナー チョイス!』のジョシュア・マイケル・スターン。キャストには、『抱きたいカンケイ』などのアシュトン・カッチャーや『イノセント・ガーデン』などのダーモット・マローニーなど、実力派が結集。ジョブズにふんしたアシュトンの成り切りぶりは必見。>

昨日の番組を夕方見る。食事前だったので、中断して食後に見た。
NHKスペシャル「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」 2017.08.13 http://o.x0.com/m/554743

以下、読んだ本。
池田浩士『虚構のナチズム―「第三帝国」と表現文化』2004年、人文書院。すこし斜め読みながらいろいろ知らないことが多い。
下記の書評にもあるように、1930年当時のドイツの人工は、約6300万人で、ドイツ国内のユダヤ人の数は56万4379人しかいかなった。人口の0.9%弱。しかもそのユダヤ人の2割はドイツ国籍を持たなかったという(p28)。第二次世界大戦前のユダヤ人の総数は約1700万人で、ナチ・ドイツが殺戮しらユダヤ人が600万人。
<文学、演劇、映画、放送など表現に関わる多様な分野で、ナチスはドイツ民衆の意思と感情を動員することに成功した、この秘密はどこにあったのか。著者は、ワイマール時代からナチス時代にかけての あらゆるジャンルの表現文化を綿密に分析し、あの時代の現場の感性を追体験しながら、ナチス=悪、その文学も劣るといった図式では解けないその熱狂を生み出す秘密について論及する。表現の力とは何か、 そして虚構と現実の現場に踏み込みながら、ファシズム・ナチズムに対抗する全体としての思想を追求した、著者畢生の書き下ろし。>

書評:池田浩士著『虚構のナチズム――「第三帝国」と表現』 http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/2004/3teikoku.html より
<反ファシズムの教育実践を行なう教師たちのなかに、「学習過程それ自体が民主主義的な形態をとることによって説得力をもつ場合」にのみ「ファシズム的な暴力支配との有意義な対決が行なわれうる」と考える人がいて、かの女が試みた具体例が説明されている箇所>は、<一九三〇年当時(すなわち、ヒトラーが政権を獲得する数年前)のドイツの総人口はおよそ六三〇〇万人だったが、国内のユダヤ人の数は五七万人足らずで、総人口に占める比率は〇・九パーセント弱でしかなかったこと、同時代の世界全体におけるユダヤ人総数は一七〇〇万人であったので、ナチ・ドイツが六〇〇万人のユダヤ人を殺戮したということは、全世界のユダヤ人の三人に一人を超えていたことを意味するという、今さらながらに、驚くべき事実を明るみに出してしまうからである。
「具体的な数値を一目見れば明らかであるはずの単純な事実と、自分の生活実感とのあいだの大きな隔たり」を直視しないという態度は、過去のことではない。池田は、安易なアナロジーに頼ることを慎重にも避けて、日本の歴史と現実に言及することには禁欲的だが、思わず、わが身に照らしてふりかえるよう誘われる箇所である。>

逢坂剛『裏切りの日日』 (集英社文庫、1986年、1981年単行本)読了。冒頭の二人が誰かが最後の方で分かる仕掛け。なるほど・・・児玉誉士夫などが頭をかすめつつ、いまの安倍内閣って、警察役人が経産役人とともに目立つ形で活躍していることにどうしても意識が行く。
https://plaza.rakuten.co.jp/radagast/diary/201010290000/ より
<〈百舌シリーズ〉と同じ世界に属する「裏切りの日日」を読んだ。警視庁に属し,警察の不祥事を内偵する内部調査官の津城が登場するのが共通しているが,殺し屋の百舌,公安刑事の倉木など,シリーズキャラクターの存在はない。この作品は〈公安警察シリーズ〉の第1作とも呼ばれるが,やはり〈百舌シリーズ〉の第0作,あるいは序章と捉えるのが一番正しいような気がする。>
<1981年 裏切りの日々  講談社
1986年 百舌の叫ぶ夜  集英社 MOZUシーズン1の原作
1988年 幻の翼     集英社 MOZUシーズン2の原作
1992年 砕かれた鍵   集英社
1996年 よみがえる百舌 集英社
2002年 のすりの巣   集英社>
http://wa-jurin.com/books/3887 より
<警視庁公安部特務一課の係長桂田渉は、極右といわれる遠山源四郎から遠山の弁護士村岡と共に、個人的に警護を頼まれて裏金を貰っていた。その遠山のもとに過激派組織『東方の赤き獅子』から殺しの脅迫状が届く。一年前に捜査2課から公安の特1課へ移り、桂田とコンビを組むことになった浅見誠也は、周囲から桂田に関する様々なうわさを聞いていた。離婚歴があることや、取り調べがきついこと、公安では抜群に腕のいいデカであることなどである。しつこいまでの調べ方や狙ったものに対しての徹底的な取り調べに驚嘆するとともに、公安で仕事をするのに必要なことを教えられた。いっしょに仕事をはじめて桂田の、きつい取調べには抵抗もあったが、ある種の好意と敬意を抱くようになった。桂田は、浅見には目をかけていた。その浅見のところに、警視庁刑務局・特別監察官である津城俊輔が訪れる。桂田に贈収賄や汚職の疑いがあり、探ってほしいというのだ。確かに、桂田の背広は高級品だし、持ち物も一流品だ。その上、一流の食事やクラブへも通い、警視庁の一係長としては贅沢ではある。心に秘めた葛藤を胸に浅見は桂田と共に仕事をすることになる。・・・・>


8/15(火)

奇妙な映画を観た。障害があるのかないのか(幻聴があるのでてっきりそうだと観ていたが、サイトを見ると引きこもりで無色だった物語の続編のようだ)、中年のダメ男が主人公。どこかつらくなるような前半、コメディなのだけれど。そのあと、すこし和らぎ、ほろっとさせられた。

亀井亨『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』2013年、75分、AMGエンタテインメント。
佐藤二朗:芝二郎
南沢奈央:真田まちこ
高橋洋:財部陽介
高橋直純:市村景虎
キムラ緑子:アケミ婆さん
角替和枝:芝富子
志賀廣太郎:芝重雄
藤田弓子:芝鞠子
<豆柴犬と無職の中年男の交流を描いた「マメシバ」シリーズ第3作。38年間、実家で親のすねをかじり続けてきた芝二郎は、母親の作戦によりニート生活から脱却。ペットショップで働きながら、相棒の犬、マメシバ一郎とともにアパートで一人暮らしをしていた。しかし、長年のニート生活でしみついたサボりぐせはなかなか直らず、職場では同僚と衝突してばかりの毎日。そんなある日、芝二郎は店長から「次へのステップアップのため」としつけ教室の担当を任されてしまう。主演はシリーズおなじみの佐藤二朗。ヒロイン役で南沢奈央が共演。>

昨日に続いてNHKスペシャル。731部隊もエグいが、樺太の悲劇もすでに無条件降伏していたのにソ連軍と村民あげて戦い無駄死してしまう。インパール作戦もまた大本営以下首脳陣の無責任体制のなせる技。
前後からいまの日本にも言える事が多いな。
敗戦の日、あるいは終戦記念日。敗戦玉音の日とか、無条件降伏の日という方が、戦争放棄が明確になり、いいのかも知れない。


8/16(水)

映画かと思っていたら、テレビドラマだった。テレビドラマではどうして映画のように監督と言わないで演出というのか。一応ゼミでは、テレビドラマの方が脚本家の比重が高い(脚本と演出の分業化が進んでいる)からだろうと言ってみたりはしたが、確かめなくちゃ。

『この世界の片隅に』、もちろん、こうの史代さんの原作や片渕須直監督のアニメの方がいいが、でも、実写でも原作がいいので、いろいろ思い出すし、どこが省略されるのかとかの比較もできる。

日本テレビ『終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に』2011年、120分 [DVD]。演出:佐藤東弥、脚本:浅野妙子
<こうの史代の同名漫画を元に、太平洋戦争下の広島で懸命に生きる女性の姿を北川景子主演で描いた戦争ドラマ。広島から呉へ嫁いだ海苔屋の長女・すずが、容赦なく襲い掛かる戦争の恐怖と時代の波に翻弄されながらも、笑顔を失わず生きていく姿を綴る。>
北條すず:北川景子
北條周作:小出恵介
白木リン:優香
水原 哲:速水もこみち
北條円太郎:篠田三郎
北條サン:市毛良枝
北條径子:りょう
晴 美:小西舞優
北條千鶴:芦田愛菜
http://www.ntv.co.jp/konosekai/intro.html

完全休暇の最終日。高校野球をがっつり見る。やはり録画よりも実況の方がいい。昨日は、将棋をスマホで観ていた。
明日は夜に観劇がある。


8/17(木)

アトリエ劇研という小劇場で演劇を鑑賞するのは最後となる。31日のクロージングにはぜひ脚を伸ばしたい。ここ(当時は、アートスペース無門館)を初めて訪れたのは、橋本敏子さんらに委託していた調査でだった(1993年ぐらいか)。北大路からタクシーに乗り遠藤寿美子さんにインタビューした。遠藤さんが、熊倉夫妻を絶賛していた。まだ、事務室は普通の家だったな。

セゾン文化財団ニュースレター第77号(viewpoint)の特集「不在/亡霊の演劇」で、夢幻能と3.11以降の演劇との共通性、さらに観劇と幽霊を見ることの相同性が語られていた( http://www.saison.or.jp/viewpoint/01.html )。それを頭に置くと、少し抽象的、実験的演劇に阻害されないで楽しむことができそうで嬉しい。
早速、今日、サファリ・P第三回公演『財産没収』(作:テネシー・ウイリアムズ、翻訳:倉橋健、演出:山口茜。出演:高杉征司、松本成弘、松尾恵美)でその見方をしてみた。15時5分ぐらいから40分、そのあと山口さんと高杉さん、そして積極的な鑑賞者との対話、15:08まで。

面白かったのは貸し出された『財産没収』の戯曲(縦書きなのに横書きのとじ方だったな)。ちょっとだけ読んで、劇場に入る時返したので、ほとんど忘れてしまったが、その戯曲と実際の登場人物の差、でも、台詞は同じなので、混乱した鑑賞者もいたとあとのトークで分かった。
私はといえば、烏丸ストロークロックの阪本さんと新しくメンバーになった澤さんとおしゃべりしていて、どのような移し替えをしていたとかは、お芝居を観ながら、ぼんやり浮かびだしてきただけだった。

でも、姉役の松尾恵美さんが、能舞台でのシテのように動き、台詞もあるが、声のいい高杉さんが語る人との対照という古典芸能の見立てもできそう。まあ、高杉さんがだいたいテネシー自身だろうと分かってくる。でも、高杉さんが書いているのが、財産没収のサインかも?とかまだちゃんと分かっていない時があった(ラストでようやく明確に)。あとでちゃんと戯曲を図書館でかりてでも読めばもっと面白くなるかも。ダンサーの松本成弘さんは最近よく目にする。身体的特徴故に、男肉ドソレイユのちゃんさんとともに目立つ存在。最後のダンスのキレはやっぱり目を引く。

人形が、ヒトガタでもあり、亡霊のもう一つの影に見えた。四人が舞台にいる瞬間が何度かあって、人形と俳優との関係もまた面白いなと、多義的な鑑賞を勝手にして帰る。


8/18(金)

久しぶりにお仕事満載。
朝は大雨。奈良線で立ち往生。でも9時半からの会議には間に合う。
15時から那智勝浦インターンシップの打ち合わせ。
19時からは、市縁堂2017運営実行委員会。京都市市民総合センターにて。NPOへの寄付促進のイベントであるが、よりお金だけではなく、ボランタリーな参加や関心をも増やしていこうというのが今回のねらい。12/17の午後、ここひと・まち交流館京都の大会議室などにて。10程度のNPO団体。知らないけれど魅力的なところが出てきそうだ。
市縁堂のNPOを応援する組織を応援団ならぬ応縁団と名付けようかと話す。そして、縁日のような交流のつなぎ場。

読んだ本。2冊。
逢坂剛さんの小説は本当に面白い。最後まで読みたくなってしかたがなくする。短編なので電車の中でちょうどいい時と少し時間が足りなくなって困る時がある。コン・ゲーム小説ってなんだろうと思った。
逢坂剛『相棒に気をつけろ』(2015年、集英社文庫。2001年単行本)
<世間師“せけんし”―世情に通じて、巧みに世渡りする人。世なれて悪賢い人。(「広辞苑」第六版)訪問販売の傍らで、あくどい商売人から金を掠め取る“世間師”の男。名前の数は仕事の数。あるとき彼が出会った美形の女性、四面堂遙は一筋縄ではいかない食わせ者だった!?ひょんなことからコンビを組んだ二人は、痴漢や地上げ屋を相手に罠を仕掛ける!コン・ゲーム小説の金字塔。>

<con game(confidence gameの略)信用詐欺。取り込み詐欺師。相手を信用させて詐欺をはたらくこと。また、策略により騙したり騙されたり、ゲームのように二転三転するストーリーのミステリーのジャンル。>

ナカムラクニオ『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは』2013年、CCCメディアハウス。すこし前の本なので、ツイッターへの楽観論とか時の流れを感じるが、言葉遣いはうまいなとも思う。


8/19(土)

昨日で疲れて、ぼんやり過ごす。
映画アニメ、『心が叫びたがっているんだ。』で癒される。日本のアニメーションのレベルの高さに改めて気付かされる。玉子の比喩も、普遍的なレベル。しかも玉子と王子との対比というローカルな面白さ。

長井龍雪『心が叫びたがってるんだ。Beautiful Word Beautiful Worl』(2015年、119分、A-1 Pictures制作)
監督 長井龍雪
脚本 岡田麿里
原作 超平和バスターズ
ナレーター 内山昂輝
出演者:水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正、藤原啓治、吉田羊

<活発な少女だったものの、ある事を話したことで家族がバラバラになった上に、玉子の妖精にしゃべることを封印された成瀬順。そのトラウマが心に突き刺さり、隠れるようにして生きていく。ある日、通っている高校の地域ふれあい交流会の実行委員会のメンバーになり、さらにそこで上演されるミュージカルの主役を務めることに。困惑する順だったが、メンバーの坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月と行動を共にするうち、自分の中の変化に気付きだす。>

8/20(日)

第67回関西吹奏楽コンクールへ。姫路市文化センター。南口からバスでは2つ。場所がわかれば、歩いていけるかも知れない。大学の部は8校。京都橘大学は6番目だった。結果は銀賞。去年と同じか。龍谷大学ではなく近畿大学が全国へ。これって来年は・・・

関西吹奏楽コンクール 大学の部 表彰結果
◎全国大会推薦団体:近畿大学
◯金賞:龍谷大学、立命館大学、近畿大学
◯銀賞:神戸学院大学、関西大学、京都橘大学
◯銅賞;奈良工業高等専門学校、滋賀県立大学


木村草太『憲法という希望』(講談社現代新書、2016年)
なるほど、一般的に、法令とは、過去の失敗を学び、失敗を防ぐためにある。
http://www.jicl.jp/now/ronbun/backnumber/20170101.html
<教授の憲法の定義が明解です。「さまざまな法律がある中で、憲法は、国家の失敗を防ぐための法律だ。」
 第一章の「日本国憲法と立憲主義」で定義する立憲主義も明解です。「立憲主義とは、ごく簡単に言えば、過去に権力側がしでかした失敗を憲法で禁止することによって、過去の過ちを繰り返さないようにしよう、という原理のことです。」この指摘は鋭いですね。ここから立憲的意味の憲法がどんなものか導かれます。「ごく簡単に言えば、過去に国家がしでかしてきた失敗のリストだと言えると思います。」では、国家権力のよくやりがちな失敗とは何か。教授は、国家権力の三大失敗として、「無謀な戦争」「人権侵害」「権力の独裁」とまとめます。それらを防ぐため、「立憲的意味の憲法では、軍事統制、人権保障、権力分立が三つの柱となります。」そして、憲法が最高法規である理由は、憲法が「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」である大切な人権を保障する法だからと(憲法97条)、こちらも明解です。>


KOGURE Diary/こぐれ日録》の扉へ戻る