こぐれ日録 KOGURE Diary 2017年4/3〜4/9


こぐれ日録1052 2017年4/3〜4/9A

4/3(月)

島津亜矢でおまかせ録画設定しているのだが、最近結構メジャーになってしまってすぐに録画して嬉しいようなもういいような。メリージェーンも歌っていた。

いつもの新学期。
でも退職まであと4年を切る。
ということは、新入生を最後までみとどれる最後かも。
来週の授業のレジュメを2つ作る。

第1回公共政策入門(文化プロデュース入門?)2017年度前期
  ・・・・・
文化を大切にする公共政策入門クイズ

◯か?で答えて、?の場合は、正解は何かを書くこと

(例示)
0)日本では教育担当の省である文部科学省(かつては文部省)が文化も担当していたが、前の民主党政権において、文化観光省として独立した。
?・・・いまも変わらず、文部科学省(教育などを担当)の外局として文化庁が配置されている。また、観光については、国土交通省の外局として観光庁が2008年に設置された。

1)日本の人口は、2015年の国勢調査では、1億27百万人であり、国勢調査人口としては、国勢調査が始まった1920年からずっと増加し続けている。

2)わが国の地方自治制度は、憲法上、条文として明記されており(憲法第92条等)、都道府県知事を内閣総理大臣が罷免することはできない。

3)明治時代には、約一万六千もあった市町村だが、昭和の大合併や平成の大合併によって、現在では約千七百に減少した。

4)明治になって都道府県制が成立し、戦後、沖縄県がアメリカ施政下になりその数が46になったことはあるが、基本的に明治以来47という数字のまま続いている。

5)2007年に地方自治が改正されるまでは、副市長、副町長、副村長はすべて「助役」と呼ばれていた。

6)現在、政令指定都市は20市あるが、すべての都市に「区」(行政区)があるわけではない。

7)地方自治法では、自治体のことを地方公共団体と呼び、税収が不足するときに発行する地方債(借金)も、総務省の許可がない限り発行することはできない。

8)芸術はじめ文化についての振興を規定する法律ができたのは、平成になってからのことである。

9)NPO法とも呼ばれる特定非営利活動促進法は、東日本大震災の教訓を活かして誕生した。

10)東京都が出来たのは、第二次大戦中であり、それまでは、東京府であった。

11)映画が誕生したのは、1895年と言われており、誕生地はアメリカのロサンゼルスであった。

12)演劇など実演芸術を上演することを「興行する」と呼び「興業する」とは言わない。ただし、吉本興業株式会社は、かつて「吉本興行部」であったが、1932年、「吉本興業」に変更している。

13)明治時代の「演歌」はいまの演歌(1960年代あたりからジャンル的に登場する)とはジャンルが違い、プロテストソングとしての演説歌であった。

14)日本には、バレエもモダンダンスも同時期に入ったが、モダンダンスが誕生したのは、宮廷で誕生したバレエよりもずっと遅く、バレエとは違うダンスジャンルとして20世紀はじめであった。

15)文化芸術振興基本法における「伝統芸能」とは、雅楽、能楽、歌舞伎、落語である。

16)ミュージシャンなどが所属することが多い芸能事務所(芸能プロダクション、タレント事務所)は戦後に確立するが、その初期において一番力を持っていたのは、渡辺プロダクションであった。

17)劇場や文化ホールの企画制作を担うスタッフに必要な国家資格は、博物館法における学芸員と同じく、大学で取得することができる。

18)映画産業は、大きく映画制作会社と配給会社、そして興行会社に分かれるが、日本のアメリカなどと同じく、この3つの部門を同じ会社が担うことは独占禁止法によりできないこととなっている。

19)映画が芸術分類のなかで、実演芸術に分類されないのは、音がつかなかったからであり(サイレント映画)、日本ではそのために「活動写真」と呼ばれていた。

20)退職後に民間企業などに再就職する「天下り」と呼ばれる風習は、民間企業では過去も含めて全くありえない風習である。

2017年度行政学(1)

★ 教科書、馬渕勝『行政学案内』(第2版、2014年、滋学社出版)は必携!
内容を読んでおくこと(復習も)。

★ ミニテストを実施予定(2回。教科書と授業した内容から出題、持ち込み不可)

★ 出席と授業への参加重視。いつも、コメントを3行以上書くこと!

★ 最終レポートの提出(授業の最後の日まで厳守)
 2000字以上 A4の紙、ワープロで2枚程度

★ 教科書は来週からにして、まず、「行政」と聞いて、あなたがイメージするフレーズや単語を7つ以上書いてみてください(次メージの例示に似ているものでも可)。

★ まず、日本国の行政機関の名前を挙げてください。どれだけ書けるかな、「省」とつくお役所が11あります。
(1)国の役所名を覚えよう・・1府11省(+警察庁+復興庁)、人事院、会計検査院

? かつては、総理府と呼ばれていた。外局には、宮内庁や金融庁、消費者庁などがある。
? 国勢調査などの統計のほか、地方自治、放送・通信などを担当。外局には消防庁がある。
? 検察や裁判を所管する省。死刑執行には?の大臣がサインする。外局には、公安調査庁がある。
?  サミットの担当。大使館や領事館での勤務もあり、最も国際的に活動している省。
? 外局には国税庁があり、予算作成はとても重要な仕事である。
? 外局には文化庁があり、教育や科学技術がその担当である。
? 出先機関には労働基準監督署もあり、人びとの福祉の向上につとめている。
? 第一次産業の担当であり、林野庁や水産庁がその外局である。
? 外局には、資源エネルギー庁、特許庁、中小企業庁がある。昔は通産省と呼ばれていた。
? 外局に、観光庁、気象庁、海上保安庁があり、道路や港湾などの公共工事はここが中心。
? 外局に、原子力規制委員会があり、地球温暖化対策などもここの省の担当である。
? 陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊を管理・運営する省である。
? 国家公務員の採用や給与水準を勧告する、独立性の強い行政機関である。
? 独立の行政機関で、国の補助金を活用する地方公共団体もそのチェック対象となる。

(2)NHK時論公論「文部科学省 組織ぐるみ天下りの構図」早川信夫解説委員(2017.3.30)を詳細に検討しよう。
国や地方自治体の役人が退職後に、別の団体に再就職することを、「 ? 」と言う。
今回問題になっているのは、国の中央省庁組織「 ? 」の?である。

国の各省(全部で11省あり、別の問題、森友学園事案では、財務省や国土交通省が登場する)の事務方のトップを「 ?  」という。省の政治家を含めたトップはいうまでもなく「  ?  」である。?は、「  ?  」の?の口利きをしていたことも分かった。?は、国の中で外交を担う省である。

内閣総理大臣や内閣官房長官等が担当する「  ?  」に設置されている再就職等監視委員会に報告した。「  ?   」第百六条の二等の違反であり、?の法律により懲戒処分になった。

大事なポイントは?自体が禁止ではなく、その役所との利害関係がある団体に?することが禁止されている。そういう利害関係のある団体へ役所が斡旋(あっせん)や口利きをしてはいけないし、本人が打ち込むことも禁止。
この場合は、私立大学は、?の高等教育局の所管(担当)であり、私学助成金(3000億円)というお金をどれだけつけるかという権限や、新しく学部などを設置する許可の権限も有している。早稲田大学、慶応大学などを「植民地化」。

退職後のポストのたらい回し。公益財団法人、NPO(法人)・・・
組織図・各局の紹介−文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/04.htm


留学生の歓迎会。
そのあと、全学教員の懇親会、9501教室。179名。
職員は課長以上16名か。


4/4(火)

桜もずいぶん蕾が膨らみ開花しつつある。
昨日と今日、健康診断があるために、余計に新入生は校舎が分からずバタバタしている。

13時から部長会なので2つの課長との打ち合わせは9時から。
強化サークルの新入生への説明会に挨拶。部長会のあとに一つ会議。

帰って、すこしくたびれていたので気楽で短い映画を見る。

劇団ひとり『晴天の霹靂』2014年、96分、東宝。
轟晴夫 - 大泉洋
花村悦子 - 柴咲コウ
轟正太郎 - 劇団ひとり
医師 - 笹野高史
雷門ホール支配人 - 風間杜夫

<作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。>


4/5(水)

今日は神戸行き。

夜は、新しい関西の小劇場を楽しみ、なかなかに便利でいい小屋だと思って嬉しくなった。補助席(壁についていてびっくり)入れると100席。入れないと77席。利用料金は高めだけれど、客としては見やすくてナイス。
神戸三宮シアター・エートー。駅の北東。居酒屋などがある庶民的なところでほんとに5分ぐらいで到着。親子連れなどがいて客層の違いにも驚く。

Z system『キラメキ〜私はトビウオ、あなたは太陽』作:オカモト國ヒコ、演出:中川浩三。103分ぐらいだったろうか。ほとんど水着での演技。それだけでめちゃめちゃ感動するが、内容もとびっきりのエンタメ。これには泣くしかない展開だった。

中村なる美、掛江つばさ(劇団赤鬼)、増田佳世、佐藤美月(劇団そとばこまち) 、小林愛実、森下りお(Z system ) 、中原愛、松井悠理


買っておいた漫画を読む。たまたまそのあと見る映画とどんぴしゃでつながる。
主人公は生活保護のケースワーカーさんで、映画の方は英国の貧困者政策の冷たさをもろにかぶった1市民の方が主役だけど。

柏木ハルコ『健康で文化的な最低限度の生活』1〜4巻。医者の父親に受けた性的虐待(父親は否定しているが)による若者の姿が特に心痛める。
『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2014年第18号から連載中。単行本は2016年8月現在、既刊4巻(小学館)。第5巻は今年5/30の発売のようだ。

<柏木は、この漫画では生活保護の不正受給といった生活保護問題にも取り組んでいくが、高校生のアルバイト代の未申告(あらすじで後述)など、必ずしも明確に悪意があるケースばかりではない。そのようなケースを描くことで、偏見をなくしていけるかもしれない。考え方や価値観を押し付けるのではなく、「問いかけを投げかけるような作品」にしたい。生活保護制度に対して否定的な考えを持っている方にこそ、この漫画を読んでほしい、と述べている。>

第2巻の巻末「生活保護Q&A」より
<生活保護の不正受給の件数は約4万件、金額にしておよそ190億円>(平成24年度厚労省統計)
<全体(の生活保護)に占める(不正受給)の割合は、世代数ベースで約2%、金額ベースにして約0.5%で、…(悪質なケースは)全国で109件>

さて、JR三ノ宮駅下車。阪急や阪神は神戸三宮駅っていうのか。シネ・リーブル神戸。3つの映画上映ができるミニシアター系の映画館だ。テアトルシネマグループはだいたいこんな感じかな。

ケン・ローチ『わたしは、ダニエル・ブレイク』2016年、100分、イギリス・フランス・ベルギー合作、配給 ロングライド。ケン・ローチ・・1936年6月17日生まれ。80歳。
泣くことはなかったが、ひたすら心打たれる。痛いだけでないところに社会派でありつつ、人間愛に満ちた監督だとしみじみ。
壁に書くところの強さ、対照的に引きこもってしまう弱さ。
家族ではない親密圏の形成。
英国の社会保障がアメリカの会社に委託されている現状。常に電話が繋がらずに音楽が流れている強制聴衆のこと・・・あれこれ、大事なことがここにぎっしり。
映画のつなぎに短い闇。その闇にも何か強いメッセージがあるようにも思えてくる。

http://luckynow.pics/i-daniel-blake/ より引用
<実直に生きてきたダニエル・ブレイクを襲った心臓の病。理不尽で複雑に入り組んだイギリス社会保障制度が、彼の前に立ちはだかる。
前作『ジミー、野を駆ける伝説』(14)を最後に、映画界を去ったイギリス社会派の巨匠ケン・ローチが、引退を撤回してまで伝えたかったこと。それは、世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々の現状と、助け合うことで何かを変えられるという普遍的なメッセージ。長編映画監督デビューから50年、最もケン・ローチらしい社会派映画で堂々の2016年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞となった。

何よりも映画にリアリティを優先させる監督が、ダニエルに選んだのは映画初出演のコメディアン、デイヴ・ジョーンズだった。建具工の父を持ち、労働者階級出身の彼が、底辺に暮らす者の苦悩を自然な演技で滲み上がらせる。>
<財政赤字削減を公約に掲げた英保守党デービッド・キャメロンが首相になった2010年から、5年以上に及ぶ緊縮財政(福祉、住宅手当、社会保障の削減)と福祉保障制度改革の結果、“片手に指が1本でもあれば就労可能”と皮肉られるぐらいイギリスにおける障害の認定基準は厳しくなった。
心臓に疾患を抱えた主人公ダニエルも、この制度によって困窮させられた社会的弱者の一人である。

英デイリーミラー紙が2016年5月12日に報じた、頭蓋骨の半分を失って重度の記憶障害と半身麻痺を抱える男性に対し、英労働年金省(DWP)が就労可能と裁定したという事実からも、映画が取り分け不幸な人物を描いているわけではないことがわかる。
戦後、疲弊しきったイギリス国民を助けるために設けられた社会保障制度が崩壊しつつある今、競争に溢れた者は沈んでゆくしかない。そして、それは誰のせいでもなく、自分自身のせいなのだ。
ケン・ローチが引退を撤回してまで『わたしは、ダニエル・ブレイク』を撮った理由は、このイギリス社会の現状に警鐘を鳴らすためだが、そこにはもっと普遍的なメッセージが込められている。
隣の誰かを助けるだけで、人生は変えられる。
映画に国家の制度を変えることはできないかもしれないが、僕たちは助け合い、支え合い、時に寄り添い合うことで理不尽な世界と対峙することができるのだ。>


4/6(木)

近畿大学文芸学部へ。
はじめての文化デザイン学科劇場文化論。52名。ただ、3名は芸術学科の舞台芸術コースの学生だった。
驚いたのは、10:40始まりだったのが、今年度から10:45始まり担っていたこと。
あと3限目は、京都橘大学は13時始まりだが、こちらは13:15始まりで、残っている芸術学科アートプロデュース論Aを今年度は続けてすることに。ただ、教室がなくて、彫刻などをする部屋。これは校舎が替わっても普通の教室にしてもらうことにする。26名。

読み終わった桐野夏生『ハピネス』(2016年、光文社文庫、2013年単行本)。

これは、30歳代の女性雑誌『VERY』に連載されたもので、今は、この続編みたいな『ロンリネス』が同じ雑誌に連載されているそうだ。
解説(斎藤美奈子さん)が分かりやすい。
彼女によると「タワマンとその周辺が世界の全てで、ママ友たちとの関係を中心に回る生活。/それが有紗の表向きの顔である。けれども、彼女には人にはいえない秘密があった。ひとつはアメリカにいる夫に離婚を迫られていること、もうひとつは俊平(いまの夫)と出あう前の離婚歴で、現夫との不和の原因も、そもそもは彼女の過去に由来するのだった。>

メモ<『VERY妻に憧れる人に読んで欲しい物語-桐野夏生』 http://ameblo.jp/nrm321nrm/entry-12133690142.html より
<このタワーマンションに暮らす専業主婦の有紗は、娘の花奈と二人でタワマン生活を謳歌している。夫は海外に単身赴任しており、有紗の実家は新潟と遠い。何かあった時に頼りになるのは同じタワマンに暮らす「ママ友」たちである。
登場するママ友は全員で四人。いぶきちゃんのママ、芽玖(めぐ)ちゃんのママ、真恋(まこ)ちゃんのママ、美雨(みう)ちゃんのママだ。ママ友たちは「いぶママ」「美雨ママ」と子どもの名前+ママの通称で呼ばれ、ママ友たちの本名は物語内でほとんど明かされない。全員が同年代の女の子の子どもを持つママである。
このタワマンは「BWT(ベイウエストタワー)」と「BET(ベイイーストタワー)」の二棟が建ち並ぶ。見晴らしが良く人気があるのはBWTである。BWTのなかでも西南四十七階の一等地に住んでいるのがママ友グループのリーダー格「いぶママ」だ。
元CAのいぶママは、カルティエのエンゲージリングが似合うセレブ妻だ。
センスがあり、社会経験もあることからママ友たちのまとめ役となり、主にいぶママが子ども連れ集合を呼びかける。
有紗はママ友達とのお茶べりを楽しむ反面、見栄をはって小さな嘘を付く自分を苦々しく思っていた。
有紗はBETの住人であり、分譲ではなく賃貸で住んでいる。それが有紗に劣等感を抱かせ、見栄をはらせる原因になっていた。
いったん「センスの悪い家」とか、「手抜き主婦」「ダメママ」の烙印を押されたら、引越しでもしない限り、その烙印が消えることはない。家事手抜きのだらしない主婦、と。それでも男の子がいる家はまだ許される。男の子が乱暴で散らかす、と言えばいいのだ。女の子の家は反対に、決して手抜き家事をしてはならないのだった。むしろ、料理や掃除などの家事が好きで、手作りの菓子を始終作っているような母親でなければならない。(69頁 第一章 タワマン)
タワマン暮らしができるだけでも十分恵まれているはずなのに、より高みにいるママ友達に囲まれ、有紗は劣等感にさいなまれ自信を無くしていく…。
しかし、ママ友グループにはタワマン暮らしでないママもいる。美雨ママはタワマンの隣のマンションに暮らしており、タワマン暮らしのママたちと比べると庶民的な生活をしている。美雨ママは「江東区の土屋アンナ」と比喩されるほどの美貌の持ち主であり、リーダー格のいぶママにも臆することなく接するため、有紗は美雨ママに圧倒されっぱなしだ。
五人で構成されたママ友グループはうわべではとてもキラキラしたグループだが、有紗の内面は羨望と見栄と嫉妬が渦巻いている。小さな嘘を重ねつつ、有紗はママ友達、特にいぶママに嫌われないように苦悩の日々を送るのである。
この物語ではママ友という人間関係ならではのしがらみが「リアル」に描かれていて、その「リアル」さに戦慄する。>


4/7(金)

午前中は、近大含めて授業用資料の作成と印刷。
11日一限目、公共政策入門は、78名。
12日二限目、イベントデザイン演習は47名とか。レジュメは作ったがもう一度検討。

そう言えば、3回生専門演習、第5回京都国際写真祭について話していたが、これをイベントデザイン演習に活用できないか。一応、東部文化会館の地下鉄山科駅コンサートとかを例示するとしても・・

第10回おてらハプンを紹介していたら、今年度来られる建築の先生が行きたいとのこと。5/4に行くことに。よく見ると、とりあえず今年度が最後とあってこれはいかねばと思う。

13時から会議。
終わって、三条へ。地下鉄で3月に卒業したOGに会う。地元のスーパー。結構休みがいまは多いとのこと。印刷会社はすぐに名刺を渡されて営業修行だとか。

録画していた「あの年この歌」1973年、かぐや姫「神田川」。売れすぎて、3人がコントロール不可能なところで次の歌が決まって、早期解散に。
宮崎の「スモークエース」の紹介番組でも、南国原知事による一時的ブームでずいぶん逆に苦労した話あり。通じているな。

東野圭吾ミステリーズというテレビ。昨日は「コードレス・ナイト」と「レイコと玲子」。今日見たのは「甘いはずなのに」「シャレードがいっぱい」。


4/8(土)

シアトリカルフォーラム 戯曲×恋愛『愛情マニア』13時から16時。
演技部分はそんなに多くなく、ダイジェスト。泉寛介さんの解説で分かっていく。
一番おもしろかったのは、役者さんたちのお話が、役としての話から、自分自身の話になるところで、真逆の性格だったりすると、どうやって、違う人格の役作りをするかということが分かって、なかなかに面白かった。
若干、人生教訓的な話になるところもあったが、一番大変なのは、舞台上の役者さんたちだろうなと思う。でも、役者さんが自分自身を語ることの快感もまたあるのかも知れないとも思うところもあった。レスリング愛はもちろんだが、それ以外の愛のあり方な度について。

脚本提供:サリngROCK(突劇金魚)
演出・構成・進行:泉寛介(baghdad caf?)
【パネリスト】永遠嬢(緊縛師 トワジョウ。Sの方「縄は心を解放する」「性愛の哲学おねいさん」)・秋田光軌(僧侶。秋田光彦さんの息子さんだろうな、たぶん)
 【出演】佐々木ヤス子・ 杉原公輔(匿名劇壇)・ 西田美咲(劇団暇だけどステキ/劇的☆ジャンク堂)・ 亀井伸一郎(劇団カメハウス)・ 是常祐美(シバイシマイ)・ 石井テル子(Micro To Macro)・ 上田ダイゴ(マーベリックコア)・ 高道屋沙姫(かまとと小町/トネリコプランニング)
http://wa.spacedrama.jp/lineup/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0-%E6%88%AF%E6%9B%B2x%E6%81%8B%E6%84%9B%E3%80%8E%E6%84%9B%E6%83%85%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2/
<【シアトリカルフォーラム 戯曲×恋愛『愛情マニア』】は、サリngROCK(突劇金魚)の傑作恋愛戯曲『愛情マニア』を題材に、上演中の登場人物にライブでインタビューが行われ、パネリストを交えてディスカッション、現代の恋愛に関する諸問題について語らう「演劇上演×フォーラム」なステージです。>

終わって、山科の御陵駅へ。
笑人カフェどんげね?子ども食堂。毎月、第2か第3の土曜日にするとのこと。
雨が強くなりだして、最初、今日は少ないかなと思っていたが、18時ごろになると子供たちがやってくる。中学生のお姉ちゃんと5歳の女の子というカップルもあるし、色々。3月よりは少しだけ席に余裕があったがなかなかに賑やかになった。特に、子供たちがオセロをしたり将棋をしたりしているのが面白い。僕もスマホで5歳の子とハンデ4でオセロをして完敗だった。

はなのCD『AZUL』をいっぱいきいてもらっているようで嬉しい。前にここでも小暮はな関西ライブツアーの一環でさせてもらおうかな?と思っていたが、ずいぶんと6月下旬はライブが続くので、7/1のライブはとりあえずしないことになった。まず会場をはなに見せようと思う。

小暮はなのこれからのライブ予定
http://hanakogure.com/information/
5/7(日) 下北沢ラカーニャ CD『AZUL』発売記念ライブ
5/18(木)〜5/28(日)(OPEN13:00〜19:00 木〜日)
小暮はなアルバム発売記念〜AZUL〜懐かしい青 池田敬太写真展 会場 東京吉祥寺 ナベサンギャラリー(5/21、5/28は小暮はなミニライヴあり。)

6/3(土)  池袋 小暮はな × 琴音 in 池袋鈴ん小屋
6/21(水) 吉祥寺 ミニライブ ナベサンギャラリー
6/24(土) 京都 アバンギルド 小暮はな(vo.g)永田雅代(p)
     ゲスト:ふちがみとふなと
6/25(日) 名古屋 金山ブラジルコーヒー
6/27(火) 神奈川 川崎市宮前区役所ロビーコンサート(昼)
6/28(水) 吉祥寺 ミニライブ ナベサンギャラリー
6/29(木) 京都 太秦シアターウル(劇団ニットキャップシアター公演のゲスト出演)

4/9(日)

のんびり。小暮はなのCD『AZUL』発売日。
http://hanakogure.com/
雨は降っていないようなので、背割堤は桜見で混雑しているのだろうな。

シリアへのトランプ爆撃。なんだか不安ばかり。

録画していたテレビを見る夜。『東野圭吾ミステリーズ』、2012年7月5日から9月20日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送されたオムニバス形式のミステリードラマ。全11話。
昨日録画で見たのは以下の4話。
小さな故意の物語[ソースを編集]
原作 - 『犯人のいない殺人の夜』
出演
中岡 良(「長野県立上田北高校」3年サッカー部) - 三浦春馬
佐伯 洋子(「上田北高校」3年サッカー部マネージャー) - 波瑠
行原 達也(「上田北高校」3年サッカー部キャプテン) - 大野拓朗
笠井 美代子(「上田北高校」2年美術部) - 三吉彩花
井本 五郎(良の担任教師) - 近藤公園
行原 江美子(達也の母親) - 神野三鈴
スタッフ
脚本 - 川崎いづみ
演出 - 並木道子
演出補 - 守下敏行
音響効果 - 松井謙典
特殊効果 - 田村憲行
VFX - 諸星勲、堀尾知徳
擬斗 - 釼持誠
吹替 - 野貴葵
ロケ協力 - 高萩フィルムコミッション、常陸太田フィルムコミッション
シリーズ企画プロデュース - 小池秀樹
ラインプロデュース - 多治見薫
プロデュース - 石井浩二
結婚報告[ソースを編集]
原作 - 『怪しい人びと』
出演
飯田 智美(派遣社員) - 広末涼子
山下 典子(智美の短大時代の友人) - 山口紗弥加
山下 昌章(典子の夫・「ヤガメ物流」営業部営業一課) - 大倉孝二
桜井 祐二(小学校教諭・山下夫妻が住んでいるアパートの隣人) - 平岳大
堀内 秋代(昌章の浮気相手) - 大塚千弘
橋本(「神奈川県警小田原南警察署」刑事課刑事) - きたろう
山本龍二、山崎画大 ほか
スタッフ
脚本 - 寺田敏雄
演出 - 村上正典(共同テレビ)
音響効果 - 上田恵理香
昆虫監修 - 小林弥吉
シリーズ企画プロデュース - 小池秀樹
ラインプロデュース - 多治見薫
プロデュース - 小椋久雄(共同テレビ)
プロデュース補 - 廣岡美代、中村亮太
制作協力 - 共同テレビ
二十年目の約束[ソースを編集]
原作 - 『あの頃の誰か』
2012年2月に第二子を出産した篠原のドラマ復帰作となる[5]。
出演
山岡 亜沙子(イベント会社勤務) - 篠原涼子
村上 照彦(亜沙子の恋人・建築事務所勤務) - 田辺誠一(少年期:室井響)
清水 幸一(照彦の旧友・定食屋「天友」主人) - 音尾琢真(少年期:畠山紫音)
安藤 久美子(幸一の恋人) - 柴本幸
西野 晴美(20年前に殺された少女) - 甲斐恵美利
西野 すみ子(晴美の母親) - キムラ緑子
西野 行雄(晴美の父親) - 平泉成
スタッフ
脚本 - 川崎いづみ
演出 - 宮本理江子
演出補 - 村尾嘉昭
音響効果 - 伊東晃
特殊効果 - 田村憲行
医療監修 - 藤間芳郎(藤間産婦人科医院院長)
シリーズ企画プロデュース - 小池秀樹
ラインプロデュース - 多治見薫
プロデュース - 石井浩二
AP - 阿部良太
再生魔術の女[ソースを編集]
原作 - 『あの頃の誰か』
出演
中尾 章代(「中尾レディースクリニック」院長) - 鈴木京香
根岸 峰和(「根岸コーポレーション」専務) - 小澤征悦
神崎 弓子(画家・章代の妹) - 矢田亜希子
根岸 義政(峰和の養父・「根岸コーポレーション」社長) - 竜雷太
根岸 千鶴(峰和の妻・義政の娘) - 西田尚美
東根作寿英、中込佐知子、深沢エミ ほか
スタッフ
脚本 - 篠崎絵里子
演出 - 河毛俊作
演出補 - 守下敏行
ミュージックエディター - 小西善行
音響効果 - 伊東晃
特殊効果 - 田村憲行
VFX - 諸星勲、堀尾知徳
擬斗 - 釼持誠
法医学監修 - 高木徹也(杏林大学医学部法医学教室准教授)
医事監修 - 藤間芳郎(藤間産婦人科医院院長)
プロデュース - 小池秀樹
ラインプロデュース - 多治見薫


KOGURE Diary/こぐれ日録》の扉へ戻る