NPOアーツワークスのウェブサイト「アーツカレンダー」Since1997.1.28
いろいろな芸術活動を応援するサイトです 公演割引情報あり!

<<アーツ情報、大募集!!>>

<投稿アドレス>は、<このサイトの使い方>をご覧ください。
毎週月曜日に配信しているメールマガジン「アーツ・カレンダー」でご紹介しています(最大10組)
アーツ情報は、「アーツカレンダー」ブログにご投稿ください。

■今週のおすすめアーツ情報 2017年3月20日(月)号vol.1009

芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)より


    ▲上映中@早稲田松竹(新宿区高田馬場1)

*********************************************************
○ダゲレオタイプの女(2016年 フランス・ベルギー・日本/フランス語 131分 PG12 DCP)
■監督・脚本 黒沢清「岸辺の旅」
■出演 タハール・ラヒム/コンスタンス・ルソー/オリヴィエ・グルメ/マチュー・アマルリック

○誰のせいでもない(2D上映)(2015年 ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー/英語 118分 PG12 DCP)
■監督 ヴィム・ヴェンダース「パリ、テキサス」
■出演 ジェームズ・フランコ/シャルロット・ゲンズブール/レイチェル・マクアダムス
*********************************************************
【3/25〜3/31】
○溺れるナイフ(2016年 日本 111分 DCP)
■監督・脚本 山戸結希「おとぎ話みたい」
■出演 小松菜奈/菅田将暉/重岡大毅/上白石萌音

○アズミ・ハルコは行方不明(2016年 日本 100分 PG12 DCP)
■監督 松居大悟「私たちのハァハァ」
■出演 蒼井優/高畑充希/太賀
*********************************************************
※大人1,300円 学生1,100円
 シニア900円 ラスト1本800円 
 どちらかが50歳以上なら夫婦で2,000円 
 高校生3名以上なら1人800円 
※毎月1日は映画ファンサービスデー 800円でご覧いただけます。 ※上映番組及び時間が変更になる場合がございますのでご了承ください。
*********************************************************
早稲田松竹映画劇場
TEL:03-3200-8968
URL:http://www.wasedashochiku.co.jp/


今週の新着アーツ情報 2017年3月13日(月)〜3月19日(日)

芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)より

今週のお薦め情報以外の新着情報は以下になります。

   ■5月29日(月)@日本キリスト教団広島流川教会(広島市中区上幟町8)

喜多直毅クアルテット・広島公演
http://atelier-canon.sakura.ne.jp/sblo_files/arts-calendar/image/arts-calendar-2017-03-14T19_49_45-1.jpg

喜多直毅クアルテット略歴:
2011年より活動を開始。メンバーはアルゼンチンタンゴを中心にジャズ、クラシック音楽、即興演奏等、様々な分野で活躍中。演奏プログラムはオリジナル作品のみによる。60分一部制メドレー形式の演奏はドラマ性に溢れ、一本の映画を観るがごとき印象を聴く人に与える。タンゴに即興演奏や現代音楽の要素を取り入れた濃密な音楽は、タンゴの心性を保ちつつ日本的情緒や情念を色濃く映し出し、全く独自の世界を創り上げている。2014年には1stAlbum『Winter in a Vision』を発表。東北地方の荒涼とした風景を描いたこの作品はその精神性によって各方面から高く評価された。2017年5月、初の地方公演となる奈良/尾道/広島での演奏を行う。6月には2ndAlbumをリリース予定。

出演:喜多直毅クアルテット
   喜多直毅(音楽とヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   三枝伸太郎(ピアノ)
   田辺和弘(コントラバス)

料金:前売り券\3,000/当日券\3,500
   学生前売り券\1,000/学生当日券\1,500

ご予約・お問い合わせ先:080-6326-4047、dfsxk910@ybb.ne.jp(黒田)
  ※10歳以下のお子様のご入場はお断りする場合がございます。


※すでに終了してしまった公演情報の掲載は割愛させていただきました。

詳細は、芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)にてご覧いただけます。

■今週のコラム



最新コラムが届き次第、最新情報に掲載させていただきます。

「もしニーチェが」

 久しくこのコラムを書いていなかった。申し訳ない。
 それには2つ理由がある。1つはツィッター。3年前に始めたときは月に1回くらいだったが、いまは毎日。月に200〜300ツィート、つまり1日8回程度はつぶやいていることになる。内容はさまざまだが、ダンスなどの舞台を見ると帰りの電車でつぶやく。舞台がよくても悪くてもいいたいことが生まれ、それを140字という制限された文字に収めるのが意外と楽しい。見た人が反応してくれるとさらに嬉しい。ブログよりもさらに一過的で速く、そのとき見ていなければ気がつかないという偶然性も気に入っている。
 もう1つの理由は原発である。反原発デモ、官邸前抗議などの活動で、わずかながら社会的に行動するという選択肢が生まれた。さらに、原発についてなどをつぶやくことで、いいたいことが直接伝わるような気になってしまう。
 ツィッターはつぶやき、言葉だが、他方、ビジュアルも大事だ。ラーメン、料理やちょっと変わった写真を添えたツィートは反応がいい。反原発もビジュアルは重要で、デモ現場の写真は反応が高い。今回の国会包囲は、空撮写真をツィートしたら、リツィート(再送)やコメントをくれた人が100人を超えたのには驚いた。
 友人から『もしニーチェが短歌を詠んだら』(角川学芸出版)が送られてきた。ニーチェの言葉もアフォリズム(格言)的だが、それを31文字にまとめたもの。この簡潔さは魅力である。例えば、「大衆が欲するものは幻惑で、自身を照らす光を憎む」(反時代的考察)。「もしニーチェがツィッターをやったら」、書物は書かなかったかもしれない。
 このコラムを書かせてもらってすでに8年。800字という制限で書いてきたことは、なるべく「簡潔に書く」という、僕自身の文章修行にもなっている。定期的にというのがなかなか果たせないが、それでも、少しずつ書き続けていこうと思っている。

(2012/7/30 志賀信夫)

いままでコラムは→こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アーツカレンダー チケットプレゼント情報!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




<NPOアーツワークス主催事業>

葛飾青砥やくじん延命寺劇場プロジェクト
「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.32
「お寺で雅楽〜あなたの知らない笙の世界」

演奏とお話/真鍋尚之(笙)

<当日の内容>
笙の独奏による、
雅楽・現代曲の演奏や
自作曲の演奏
などを予定しています。

■開催:4月2日(日) 14時 (開場13:30)
■入場料金/1000円  18歳以下500円
【申込み】NPO法人かつしか子ども劇場
TEL/FAX 03-5670-9101
katusika_kogeki@zb3.so-net.ne.jp
※subに「雅楽」と明記して申し込んでください。

■会場/青砥やくじん延命寺2F本堂  03-3602-0496
http://kobatya-world.c.ooco.jp/
   東京都葛飾区青戸8-24-29 中川大橋のたもと 
    [常磐線「亀有」駅下車徒歩12分] [京成線「青砥」駅下車18分]

●主催/NPO法人芸術文化ワークス arts_works@arts-calendar.co.jp 
      1710021 豊島区西池袋4-21-17-105 有限会社カノン工房内
●協賛/青砥やくじん延命寺 青砥やくじん延命寺役員会
●制作/NPO法人かつしか子ども劇場
●協力/カノン工房
       http://www.atelier-canon.jp/reserve/ (ホームページからご予約いただけます)

「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ」コンサートの概要は以下のサイトをご参照ください。
http://www.atelier-canon.jp/enmeiji/

<注意事項>
本堂は礼拝施設ですので、食べ物、飲み物を持ち込むことはできません。ゴミは各自がお持ち帰りください。
また階段がありバリアフリーになっていませんので、ハンディのある方は事前にご相談ください。

Arts Report(随時、配信中)

ヤマさんの「ライブ備忘録
Vol.282 『世界が聴き惚れるハーピスト 福井麻衣コンサート
Vol.283 カンパニーデラシネラ公演『ドン・キホーテ


こぐれ日録(3.15.更新)

リンク/Linkこのサイトの使い方メールマガジンNPO法人芸術文化ワークスのご案内


《アーツカレンダーでは、art's、artsまたはアーツを芸術の総称として使用しています》

「アーツカレンダーが考える芸術とは、古い概念を破壊し新しい解釈を提案/提示(創造)することであり、人々の心をつなぐ掛け橋となりうる力を持っている表現です」


<NPOアーツワークス主催事業>

    (C) Copyright [Art's Calendar] by NPO法人芸術文化ワークス. All rights reserved.

    Since1997.1.28