NPOアーツワークスのウェブサイト「アーツカレンダー」Since1997.1.28
いろいろな芸術活動を応援するサイトです 公演割引情報あり!

<<アーツ情報、大募集!!>>

<投稿アドレス>は、<このサイトの使い方>をご覧ください。
毎週月曜日に配信しているメールマガジン「アーツ・カレンダー」でご紹介しています(最大10組)
アーツ情報は、「アーツカレンダー」ブログにご投稿ください。

■今週のおすすめアーツ情報 2016年8月22日(月)号vol.980

芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)より


  ▲8月28日(日)@神戸・世良美術館

サウンドアイ音楽通信  夏号 ♪ 

  いつもお世話になっております。
まだまだ猛暑が続いてる今日この頃ですが、夏〜秋に向けてのお薦めの企画をご案内させていただきます。

神戸随一の芸術空間:世良美術館も来年開館25周年を迎えます。
記念のプレコンサートとしてのオンリーワン企画をお誘いあわせの上、是非お楽しみください。

■□■  西垣正信ギターコンサート 〜夏の名曲集〜
フランスを中心に世界的に活躍のギターリスト:西垣正信氏が大好評の昨年に引き続き世良美術館に登場。
今回は、クラシックギターの名曲の数々をギターとリュートでお届けします。
     特別ゲストとして,昨年も出演された松本大樹氏や橋爪晧佐(こうすけ)氏も演奏予定。

8月28日(日) 15:30開演 
全自由席80席限定  一般3,000円 学生2,000円 

   開催に向けて、西垣氏よりフランスニース便りが届きました!
  予定曲もご覧いただけます。
http://www.koube.jp/2016SeraHtml/2016Sera.html

■□■ Koto Koto Concert 中国の古筝、日本の箏 競演!
        伍 芳(ウーファン)、久野木 史恵(Fumie Kunogi)

11月5日(土) 2回公演 1)12:30開演 2)15:30開演
全自由席 各80席限定  一般3,500円

21弦古筝と25弦箏のアジアの華麗なる響きを生の音が美しく世良美術館で味わっていただきます。

【お申込み】 世良美術館 078−822−6456
       予約サイト http://www.osk.3web.ne.jp/~amon4696/concert.html
サウンドアイ メール予約 soundaikobe@kcc.zaq.ne.jp
         チケットは先にお送りします。(送料100円)
         お支払いは同封の郵便振り込み用紙にてお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サウンド・アイ(SOUND.AI)
出本 晃文(Akifumi Izumoto)
〒658-0064 神戸市東灘区鴨子ヶ原3−14−22
TEL&FAX 078−856−5806
携帯080-5350-9030
携帯メール soundaikobe-gen@ezweb.ne.jp
ヤフーショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/52fnirjw6vo6e3tonmuzysczeu/
サウンドアイのBlog
http://soundai.blogspot.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今週の新着アーツ情報 2016年8月15日(月)〜8月21日(日)

芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)より

今週のお薦め情報以外の新着情報は以下になります。

  ■9月30日(金)@STAR PINE’S CAF?(東京都武蔵野市吉祥寺本町1)

時々自動『リハーサル・リハーサル1』情報

時々自動『リハーサル・リハーサル1』
〜2018年秋の新作『コンサート・リハーサル』上演へ向けてのステップ公演その1〜

open18:30 / start19:30
adv.¥3300+1drink / door.¥3600+1drink


【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介
【出演】朝比奈尚行(voice) 岡本唯(g) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 三井耶乃(key) 和久井幸一(acc) / 関根真理(dr) 中尾果(b)

【チケット取扱い 】
○時々自動 ticket@tokidoki-jido.com
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE’S CAF?(店頭販売のみ)

【問い合わせ 】
時々自動 mail@tokidoki-jido.com


  ■10月18日(火)-20日(木)@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

近藤良平(コンドルズ)×永積 崇(ハナレグミ)『great journey』

さあ、どこへ行こうか
潮の香りに誘われて、海を望むはミナトヨコハマ
近藤良平(コンドルズ)、永積崇(ハナレグミ)と音楽・ダンスで巡る旅歴史的建造物・横浜赤レンガ倉庫を舞台に、毎日がスペシャルセッション

昨日と明日へのgreat journey

【タイトル】近藤良平(コンドルズ)×永積崇(ハナレグミ)『great journey』
  横浜音祭り2016

【チケット】前売 一般4,800円 U-25 4,000円 高校生以下3,000円/当日券5,300円(税込)
※全席自由・入場整理番号付
※障害者手帳をお持ちの方は、4,000円にてご購入いただけます(前売のみ・赤レンガ倉庫にて取扱)
※U-25/公演日時点で満25歳以下の方が対象となります(入場時要身分証)
※3才以下のお子様のご入場はご遠慮ください。

【取り扱い】
チケットカンフェティ  http://confetti-web.com/greatjourney
TEL:0120-240-540(平日10:00〜18:00)

横浜赤レンガ倉庫1号館 TEL:045-211-1515(10:00〜18:00)

【お問合せ】横浜赤レンガ倉庫1号館 TEL:045-211-1515
http://akarenga.yafjp.org/GJ/2016/

【クレジット】
主催:横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
] 共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会

出演:近藤良平(コンドルズ)、永積崇(ハナレグミ)
企画:近藤良平、永積崇、小野晋司
照明:坂本明浩(One Drop)
音響:中原楽(ルフトツーク)
舞台監督:筒井昭善

協力:ROCK STAR有限会社、株式会社ラフィン
宣伝美術:柳沼博雅(GOAT)
宣伝写真:菅原康太
プロデュース:里見有祐(横浜赤レンガ倉庫1号館)、小野晋司(横浜赤レンガ倉庫1号館)


【アーティストメッセージ/プロフィール】
僕らの前には小さな旅も大きな旅もある。そしていつも不安と期待が入り混じる。
何が正しいかなんて誰もわからない。大げさでないちょっとした旅もいい。
いつもその先に見えるのは艶やかな出会いのみ。
だからやめられない。そして今日もグレートでも何でもない旅を続ける。

近藤良平(コンドルズ)
ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。コンドルズ主宰。第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。TBS系列『情熱大陸』出演。NHK教育『からだであそぼ』内「こんどうさんちのたいそう」、NHK総合『サラリーマンNEO』内「テレビサラリーマン体操」などで振付・出演。NHK連続テレビ小説『てっぱん』オープニングの振付も担当。『週刊AERA』の表紙にもなる。他にも野田秀樹作・演出、NODA・MAP『パイパー』に振付・出演。野田秀樹演出、NODA・MAPの4人芝居『THE BEE』で鮮烈役者デビュー。前田哲監督映画『ブタがいた教室』などに役者として出演。立教大学、女子美術大学、横浜国立大学などでダンスの指導にあたる。東京スポーツ国体2013開会式式典演技総演出担当。愛犬家。
________________________________________

旅はセッションなのだと思う!
突然理由もわからず怒られたり
何時間待ってもバスが来なかったり
ネットカフェから牛が出てきたり
その度身振り手振り句点を打つ
そのあいた穴から街の臭いがしてくる
この旅に期限切れなんてないのだ!!

永積崇(ハナレグミ)
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめ、1997年SUPERBUTTER DOG でメジャーデビュー。2002年夏よりバンドと併行し、ハナレグミ名義でソロ活動をスタート。2015年8月には、4年ぶり6枚目となる待望の新作、アルバム『What are you looking for』をリリース。2016年1月から『Tour What are you looking for』が9箇所10公演で開催され、大盛況にて終了した。また、是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』の主題歌に新曲『深呼吸』が決定し、5月25日(水)に発売となった。また、主題歌以外にも本編の音楽も担当している。サントリー『角ハイボール』のCMソング『ウイスキーが、お好きでしょ』などのCM歌唱も担当。その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。

※すでに終了してしまった公演情報の掲載は割愛させていただきました。

詳細は、芸術情報投稿サイト「アーツカレンダー」ブログ(http://arts-calendar.sblo.jp/)にてご覧いただけます。

■今週のコラム



最新コラムが届き次第、最新情報に掲載させていただきます。

「もしニーチェが」

 久しくこのコラムを書いていなかった。申し訳ない。
 それには2つ理由がある。1つはツィッター。3年前に始めたときは月に1回くらいだったが、いまは毎日。月に200〜300ツィート、つまり1日8回程度はつぶやいていることになる。内容はさまざまだが、ダンスなどの舞台を見ると帰りの電車でつぶやく。舞台がよくても悪くてもいいたいことが生まれ、それを140字という制限された文字に収めるのが意外と楽しい。見た人が反応してくれるとさらに嬉しい。ブログよりもさらに一過的で速く、そのとき見ていなければ気がつかないという偶然性も気に入っている。
 もう1つの理由は原発である。反原発デモ、官邸前抗議などの活動で、わずかながら社会的に行動するという選択肢が生まれた。さらに、原発についてなどをつぶやくことで、いいたいことが直接伝わるような気になってしまう。
 ツィッターはつぶやき、言葉だが、他方、ビジュアルも大事だ。ラーメン、料理やちょっと変わった写真を添えたツィートは反応がいい。反原発もビジュアルは重要で、デモ現場の写真は反応が高い。今回の国会包囲は、空撮写真をツィートしたら、リツィート(再送)やコメントをくれた人が100人を超えたのには驚いた。
 友人から『もしニーチェが短歌を詠んだら』(角川学芸出版)が送られてきた。ニーチェの言葉もアフォリズム(格言)的だが、それを31文字にまとめたもの。この簡潔さは魅力である。例えば、「大衆が欲するものは幻惑で、自身を照らす光を憎む」(反時代的考察)。「もしニーチェがツィッターをやったら」、書物は書かなかったかもしれない。
 このコラムを書かせてもらってすでに8年。800字という制限で書いてきたことは、なるべく「簡潔に書く」という、僕自身の文章修行にもなっている。定期的にというのがなかなか果たせないが、それでも、少しずつ書き続けていこうと思っている。

(2012/7/30 志賀信夫)

いままでコラムは→こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アーツカレンダー チケットプレゼント情報!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




<NPOアーツワークス主催事業>

葛飾青砥やくじん延命寺劇場プロジェクト
「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.31

演奏とお話/ミネストローネ(ハーモニカ三重奏/高橋早都子 東和美 伊藤かな)
http://www.hamo-mine.com/

赤ちゃん4名を含めて、80名のみなさまにご来場いただき、ハーモニカの演奏をご堪能いただきました。
ミネストローネのみなさま、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます!


■開催:2016年4月9日(土)14時 (開場13:30)
■会場/青砥やくじん延命寺  03-3602-0496
http://homepage3.nifty.com/kobatya-world/
   東京都葛飾区青戸8-24-29 中川大橋のたもと 
    [常磐線「亀有」駅下車徒歩12分] [京成線「青砥」駅下車18分]
■入場料金/1000円  18歳以下500円

●主催/NPO法人芸術文化ワークス arts_works@arts-calendar.co.jp 
      1710021 豊島区西池袋4-21-17-105 有限会社カノン工房内
●協賛/青砥やくじん延命寺 青砥やくじん延命寺役員会
●制作/NPO法人かつしか子ども劇場
●協力/カノン工房
       http://www.atelier-canon.jp/reserve/ (ホームページからご予約いただけます)

「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ」コンサートの概要は以下のサイトをご参照ください。
http://www.atelier-canon.jp/enmeiji/

<注意事項>
本堂は礼拝施設ですので、食べ物、飲み物を持ち込むことはできません。ゴミは各自がお持ち帰りください。
また階段がありバリアフリーになっていませんので、ハンディのある方は事前にご相談ください。

Arts Report(随時、配信中)

ヤマさんの「ライブ備忘録
Vol.267 オペラシアターこんにゃく座『オペラ ネズミの涙』(高知市民劇場第320回例会)
Vol.268 劇団青年座公演『ブンナよ、木からおりてこい』(高知市民劇場第321回例会)



こぐれ日録(8.17.更新)

リンク/Linkこのサイトの使い方メールマガジンNPO法人芸術文化ワークスのご案内


《アーツカレンダーでは、art's、artsまたはアーツを芸術の総称として使用しています》

「アーツカレンダーが考える芸術とは、古い概念を破壊し新しい解釈を提案/提示(創造)することであり、人々の心をつなぐ掛け橋となりうる力を持っている表現です」


<NPOアーツワークス主催事業>

    (C) Copyright [Art's Calendar] by NPO法人芸術文化ワークス. All rights reserved.

    Since1997.1.28